読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

神戸新聞杯&オールカマー 2016 予想

 

 

神戸新聞杯
サトノダイヤモンド
〇カフジプリンス
▲レッドエルディスト、エアスピネル
イモータル、ジョルジュサンク、アグネスフォルテ
【1列目想定:ジョルジュサンク、ロードヴァンドール、アグネスフォルテ】

神戸新聞杯阪神2400m施行になってから「シンプル」な決着が増えたような感。
2度の坂越え、序盤落ち着き易い条件、瞬発力+地力の必要な阪神馬場を考えると仕方ないかもしれません。
穴馬もトーセンバジルやトーホウジャッカル、ロードアクレイムといった実績or高ランク優勝馬になります。
今年はサトノダイヤモンドVSエアスピネルの様相。
実績+成長著しいサトノダイヤモンドはともかく、距離も不安なエアスピネルは「鞍上力」次第でしょうか。

確実に「卒なく」乗れば、2頭共馬券になる面子だと思いますが…。

 

ジョルジュサンクの鞍上を考えると、先手に拘りそうなロードやアグネスがハナに立つ可能性を考慮。今日の馬場を見る限り、イン2,3番手を取りに行く馬(ヒルノマゼラン、ロードランウェイ、マイネルラフレシア)が厄介な所。後はカフジプリンスの動き出しがポイントになりそうです。

 

ダービーを勝てず、今後「G1」獲れるか疑問なサトノダイヤモンド。ここは確実に決めたいでしょう

それは良いとして、ナムラシングンとレッドエルディストの取捨選択が鍵を握ります。前者は鞍上戻りこそ好材料ですが、使える末脚が短い&坂不安。前走も「スロー」評価で判定し辛いところ。後者は外々回す競馬になりそうですが、有力どころ&先行馬に極端に後れを取らない基礎SPは保持しています。故に2,3走前のレースは好内容でした。いかにもトライアル血統感はあるんですけどね…で、後者を重視します。

上がり馬はカフジプリンス一択です。2走前・阿寒湖特別「B」相当。福永騎手の好騎乗も、ラスト5Fの末脚は秀逸。前走は完全なる「菱田騎手の失策」でノーカン。今回の鞍上は「この手の馬のスペシャリスト」ですからね。上手く馬群を捌きたい所。後は「復調」との怪情報があるイモータルと先行馬の残り目を警戒します。

 

 

オールカマー
◎アクションスター
クリールカイザー
マリアライトゴールドアクター
△ショウナンバッハ
【1列目想定:エーシンマックス】

これがなぁ…オールカマーは突然「激荒れ」みたいな決着が「ありそうでない」レースです。この手の中山非根幹は力差がハッキリ出る時もあり、仕方ない面ではあるとは思います。Cコース替わり初週。雨の影響も少し。それでいて速い時計が出ています。普通に考えれば実力馬…なんですけどねぇ。
何だか嫌な予感がする…今年のオールカマー

エーシンマックス、サムソンズプライドという「何ともいえない」逃げ候補。特に後者は「鞍上」が怖いぐらい。ここにクリールカイザーがいて、外からカレンミロティックが前目に取りつける。序盤は牽制し合っても、中盤にかけてペースは落ち着くと見る。

どう見ても「勝負所でゴールドアクターprマリアライトが動いて対決。からの3着は何か差してくる」レース。ところが、ツクバアズマオーは要所で動けても「末脚の限界」を感じます。ショウナンバッハにしても…ショウナンパンドラが勝つようなレースで、人気2頭が堅いのも想像つきません。

消去法でクリールカイザーにしようにも…高速中山非根幹・得意条件で復活かけてのラストチャンスになります。間隔明けで調教は動けていますし、本来なら前受けからの中盤~後半動く展開にも対応できる馬。但し、レースぶりも血統も「AJCC向き」なんですよね。後は当事者次第。

 

そして血迷った。