『雑感』

稀に更新します。

シリウスS

 

◎アポロケンタッキー

〇マスクゾロ

▲ピオネロ、カゼノコ

△シンゼンレンジャー、キョウエイギア、ランウェイワルツ

 

芝スタート後、スタンド前を通過して1角に入るが、その後は突出した起伏等も無く、ペースが落ち着く。3角~4角下り坂からの直線・急坂が勝負所になる。

阪神ダートは良馬場でも「馬場差マイナス」はよくある事。昨年はやや時計の掛かる条件でしたが。

少頭数。前走・中央重賞馬がゼロ。準OP、OP連勝馬が人気を競り合う面子。休養明けも多いです。但し「荒れる」と高を括るのは禁物。展開はマスクゾロに外からメイショウイチオシ。キョウエイギア次第でしょうか。

早仕掛けから出し抜きたいマスクゾロ、アポロケンタッキー。捲りたいランウェイワルツ。この辺り動向に注目です。例年シリウスSは鋭い末脚を使う展開にはなり難いです。今年は道悪施行になりそうですし、位置取り的にも前目を意識した方が良さそうです。

 

アポロケンタッキーは同条件・仁川S「D」相当。好位から先頭に立ち、後続を完封した。前走は「E」相当も、大体「ダ21」キャラじゃないので…。基礎SP面で不安があり、速い決着より中緩みからの持続力勝負で力を発揮する馬。このレースは合いそう。道中「動く」馬がいて、和田さんが積極的に騎乗すれば。

マスクゾロは2走前「B」相当。高速馬場を味方に好位から突き放した。前走ジュライCも「C」相当。自分のペースに持ち込めば強い。芝スタート&内枠は課題。競り合う相手はメイショウイチオシくらいだし、ある程度セーフティを作れば後続が捲る展開にも対応できる。とにかく序盤の乗り方が大事。

砂転向後2連勝ピオネロの前走も「D」相当。好位から良い末脚を使い、モズライジン辺りと好勝負を繰り広げる。芝スタートは一番「問題ない」だろう。ミツバも前走「D」相当。これならカゼノコの末脚に賭けたい。