読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

中山大障害2015 予想

 

 

今回は秋の大一番・中山大障害を取り上げたいと思います。

有馬記念週に行われる大一番。昨今、時期替わりが検討されているそうで…

それだけは勘弁願いたいところですが、先ずは全馬無事に完走する事を願います。

 

中山大障害

◎エイコーンパス
アポロマーベリック
アップトゥデイト

オジュウチョウサン、ドリームセーリングサナシオン、アシュヴィン
【1列目想定:サナシオンアポロマーベリック、マキオボーラー】

 

 単純な違いとして「グランドジャンプは4250m」「大障害は4100m」其々施行距離が違います。

中山大障害は 「芝・外回りコースを走らない」点が違います。その分、障害を跳ぶ回数が増え、砂コースを横切る回数も増え、最後の直線を迎える。グランドジャンプ向きの「長く末脚を使いたい」馬は苦戦傾向に。

明らかな実力不足の馬は苦しいですが、人気薄だと「漁夫の利」差し馬が多く、主に瞬発力が問われます。


さて展開ですが…ここでサナシオンが控える事はないとは思います。序盤は縦長になりそう。大竹柵を越えて、どんな隊形になるでしょうか。

 

 ◎正直エイコーンパスの4番人気は辛い。お得意の内枠&先行馬多めの展開濃厚。前走の末脚は中々鋭いものだった。血統的にもスタミナはありそうだが…そこに燦然と輝く「母父ジェイドロバリー」の文字。勝ち切るかは微妙ではある。復調気味の角居厩舎&鞍上高田。展開的にも2,3着差し込みは有り得そう。

アポロマーベリックは得意の大障害コース。叩き良化型で基礎SPも上位。反面脆い面があり、道中無駄脚は禁物。前走は一旦ポジションを落とすも底力で3着死守。激しい起伏や展開を味方にしたい。

アップトゥデイトは中山GJがアポロを追撃する展開、前走もオースミを追撃する展開。この形が欲しい所。この馬は2歳GⅠ3着馬だけあって「平地力」がウリ。飛越もソコソコ上手いが…先行馬が揃った今回はさほど脆さは感じないが、阪神SJの様な後手後手の競馬も想定したい。大障害の方が手間も多いので。

サナシオンは障害転向後5連勝…とはいえ母ジェダイト、祖母グリーンポーラ。気難しさ、突然のポカ、何があっても可笑しくない血統。正直厳しいローテ。スピード&低い飛越を活かした競馬は大障害コース向きじゃない。本来は間隔を空けたい(外厩調整)馬。序盤から淡々と先行出来れば残り目あるが…基本は下げたい馬。

△アシュヴィンは米国的スタミナ馬。前走を見ても「大障害コースじゃなければ…」とか。飛越は並の印象。

 オジュウチョウサンは穴人気必至。使える末脚は短いが、激しい起伏やスタミナ面は無問題。大障害向き?

△ドリームセーリングは浜野谷替わり。これだけで「4着」っぽい。大障害コースは悪くないが…。