読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

京成杯AH セントウルS 2016年 予想

 

京成杯AHも某番組「タイムランク」である程度力付けは出来るんですけど、如何せん時間がなくて…。

言うまでもなく1位はダノンプラチナ。3走前「C」相当で優勝。スロー後方待機(補正入)からサトノアラジンロゴタイプといった競合を差し切った富士Sですね。香港Mも勝ち馬から0秒4差。安定して高ランクです。

その他ダノンリバティ&ラングレー&クラリティスカイ関屋記念 」、ダイワリベラル「ダービー卿CT」、カフェブリリアント阪神牝馬S」は「D」相当。ペイシャフェリス「朱鷺S」、ダノンリバティ&ピークトラム「中京記念」は「E」相当。この様にダノンプラチナを除く古馬勢は混戦模様です。

そうなると3歳馬に期待は集まります。


京成杯AH
トウショウドラフタ
ダノンプラチナ
ロードクエスト、ラングレー
△ダノンリバティ、カフェブリリアントシベリアンスパーブ、

ダイワリベラル
【想定】
・上り下りの激しい中山1600m。内枠・先行有利の印象は。全体的にタフなレースになりやすいから。昨年の様に開幕エアレーション馬場で差し決着も有り得る。この場合「最後まで動かない馬」が優勢。先行馬は中盤の流れにも対応できる持続力を重視。
【展開】
・ペイシャフェリスは近くに馬を置きたくない分、今回は乗り難しそう。ピークトラムやスマートオリオンが先手を取る可能性もありそう。序盤はソロッとは入り、中盤も淡々と流れそう。極端差しは「破壊力」が求められ、雨の影響からも、単純な差し決着は違いそう。
⇒先行馬は内枠・持続力・コース適性。差し馬は破壊力を重視。
【予想】
トウショウドラフタに向く条件となりそうな予感。何故「田辺じゃない」のかと…これこそ持続力を使える差し馬。吉田豊的な競馬だと間に合わない可能性が高い。但し中盤淡々と流れる展開はやり易いと見る。どうせ外に出すだろうし、千六でも自分の競馬で。
ロードクエストスプリングSのもたつきとか見ていると…いかにも「距離短縮」じゃないか。という。上り下りが苦手だと仕方ないが、中盤淡々と流れる展開は歓迎だと思う。勿論スロー末脚勝負でも。後は雨次第。決して平たん高速向きではないと思うのだが…。
・ダノンリバティは松若君次第。条件は合っている。但し要所の機動力&末脚は他馬に劣る(というより砂向き?)。血統的にも、関屋記念の様な乗り方で上手くやるしか無いのでは…と。雨の影響が大きければ楽しめそうだが、今回過度な期待はしない。
・ラングレーの「如何にも」感は見逃せない。この血統は使える末脚が短く鋭い。つまり「中山向き」&中盤淡々とした流れは歓迎。鞍上が捌けるかと道悪次第。ダイワリベラルは条件に向く先行馬。休み明けで状態面は?なのと56キロは見込まれた感。
カフェブリリアント&シベリアンスパーブは捌き次第。共に外枠なら…特に後者は中山向きだと思う。

 

 


セントウルS
エイシンブルズアイ
ビッグアーサー
▲ネロ、ダンスディレクター
マイネルエテルネル、ウリウリ、ティーハーフ
【予想】
・例年スプリント戦ながら、比較的「隊列が落ち着いてしまう」セントウルSビッグアーサーダンスディレクターが内枠に入り、外枠にネロ&ラヴァーズポイント。マイネルエテルネル辺りが2列目を抑えると、今年も中盤息が入りそうです。レッドアリオンの鞍上も初乗りで積極策は考えにくいかと。
⇒内枠だが鞍上が「得意ぶれば」エイシンブルズアイに逆転の芽がありそうです。マイネルエテルネルも適性的には悪くないですが、それ以外だとビッグアーサー完勝になるでしょう。ネロも基礎SPに加え再加速が出来るタイプ。但し前走アイビス組の好走は「出足の面」だと思うので、恩恵はそこまでかもしれません。