読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

大師オープン 2016年 予想

 

 

年またぎリレー開催を締めくくる大師オープン競走。
ここ数年同レースの"主"と言われたマズルブラストが引退。今年は…やはり高齢馬中心に集まった。
例年報知オールスターC補欠組(主に他地区勢)が揃うも南関馬に軍配。今年もこの傾向は変わりなさそうです。

冬の川崎競馬場は時計掛かる良馬場。例年より地重い。内先行有利も外先行・差しが全く駄目な事は無い。
上級条件は好位差し。下級条件はペース次第。先行馬は「基礎SP&位置取り」重視も逃げ馬は残しにくい。
血統も冬馬場向き(キンカメ、ロベルト、ティンバー、デピュティなど)に加えサムライハート&デュランダルをチェックする。

 

 

大師オープン
◎トーセンアレス
▲センティグレード
△インサイドザパーク,ミラーコロ,ドレミファドン,オメガスカイツリー
1列目:ニシノファイター、タツミリュウ
⇒服部騎手の出方次第。グレートチャールズ、タツミリュウまで考える。今年は序盤の先行争いが読みづらい。全体的にペース緩ければ、インサイドザパーク辺りも追走で苦労しない。後はドレミファドンの捲りを警戒。
この面子ならトーセンアレスで良さそう。重要なのは序盤の位置取り。ゲート五分でも確実に好位を取りたい。7枠でも最後の持続力&底力は期待できる。センティグレードは動き出しのタイミングが重要。川崎マイル戦は序盤流れないと縦長は発生しない。後は捲り切って最後残せるかどうか。共に出負けリスクは頭に入れておく。
インサイドザパークは寿希也と他の捲り差し勢の動き次第。追走には困らなそう。ミラーコロは昨年ほど良くは思えないが、捲り2頭を上手く出し抜けば。オメガスカイツリーは久々で馬体次第も正直微妙。

 

 2月には新スタンドと隣接するショッピング施設が誕生する川崎競馬場JBC開催に向けて準備は着々です。