『雑感』

稀に更新します。

サラブレッド大賞典 2015年 予想

 

 

乃木坂46が主演するドラマ「初森ベマーズ」が、終盤を迎えています。

AKB48が主演するドラマ「マジすか学園」に対抗する作品は、まさかのスポ根(?)もの。タイトルからも名作「がんばれ!ベアーズ」を髣髴とさせる、廃部寸前の球技部を舞台にした物語なのですが…。

いわゆる「エースを狙え」的な従来の"スポ根"要素に加えて、近年の「少林サッカー」や「ルーキーズ」を髣髴とさせる構図が導入。魔球が登場したり、新打法が登場したり、何とも前時代的な表現が"逆に新しい"。
…という狙いが見え見えの時点で、正直「脚本が微妙」と言われても仕方ない感じはあるんですよね。

但し、ソフトボールの指導は徹底されている。これは「マジすか学園」とは真逆のスタイルと言えます。
特に学生時代ソフト部だった白石麻衣は動きが違う。主人公(西野七瀬)らの素人チームに相対する強豪チームを見事に表現しており、懸念の演技力も「プリンシパル」公演やTVコントを経て、非常に良くなっています。

女優業を希望する深川麻衣若月佑美も頑張っていますが、個人的には根暗少女を演じる松村沙友理が良くて。スキャンダル以前から知性と陰のある雰囲気を感じていましたが、これは先々が楽しみだなと。
また乃木坂では「ポンコツ」扱いの桜井玲香も「天使のナイフ」に続いて自然な演技が良かったりします。

個人的な評価ポイントは、白石の父親役がツダカン(津田寛治)で、亡くなった母親役が伊藤裕子という配役。
そうです、同局「ケータイ捜査官7」の美作&滝本コンビ。これが見れただけで「大満足!」だったり…。

中盤には「神スイング」で、ブレイク寸前のミスiD・稲村亜美さんがライバル打者役として登場。
近年は(男性の好きな)ニッチ分野を得意とする女性芸能人が重宝される傾向があるだけに、彼女も売れて来そうですね(特に倉持明日香さん辺りは戦々恐々としていそう)。主人公の西野七瀬さんは割を食った格好ですが。

 

 

日曜メインは金沢三冠の最後に当たる重賞・サラブレッド大賞典
ここ最近は雨続きの金沢競馬場ですが、週中に砂補充も行われて、高速不良"田んぼ馬場"では無さそう。
午前中に天気が崩れる予報。メイン前は晴れ間が戻り、乾きかけの"内が使える"感じになるかまでは不透明。
上級戦は「ペース次第で差しが決まる」可能性も。また、吉原騎手の落馬負傷による乗り替わりは注意です。

 

 

サラブレッド大賞典
◎アイナ
〇ライブザドリーム
▲ベニバナオンリー
△レオパルト,エムティサラ
⇒ベルノトライの先手が有力。ベニバナオンリーが藤田騎手戻りで、多少"構える"可能性も。後はレオパルト。外好位が欲しいエムティサラと前走復活のライブザドリーム。2頭の仕掛けどころ次第で捲り差しが決まる。
アイナを本命に。前走・加賀友禅賞は(ライブザドリームを倒した)転入初戦に続いて、出遅れが響く。馬体重と追い切りは良化傾向にある。葛山替わりも、脚質的には悪くない。後は不良馬場で、追走面に支障無ければ。

その点ライブザドリームは良い条件で臨めそう。MRO金賞で敗北後"好位差し"を試す様になるが、乾いた良馬場で短距離戦な事もあってか、惨敗が続くも前走延長で復活。大外課題と中弛みペースを期待したい。
ベニバナオンリーは近3走の内容が良い。(格下とはいえ)交流競走や古馬相手に好走を続ける。控える競馬も出来る様になり、藤田騎手替わりも案外良さそう。レオパルトも小回り延長で再考したい。

 

 

1R:◎ボンジュールショウ
前走は序盤から手綱を引く競馬。どういう忖度があったのか知らないが、外枠替わりで先行馬不在は好機か。

チェリーソングが届くかで馬場を見たい。

 

4R:◎ユンゼイ
中央でも先行力を見せる。転入初戦で今の馬場ならスピードの違いを見せたい。
同じく転入組のロードアルタイルとリッシンハレルヤも悪くなさそう。地方転入組より重視したい。

 

6R:◎スキュラ
ファーストV3頭出し。外枠&配置的に転入初戦の同馬から。スピードが違うと見ている。
パープルファイトやフジサンベアは先行力活かしたいが、馬場的に良状態の方が良さそうな。

 

7R:◎ウインドレイン
ここもファーストV多頭出し…だが、前走"溜め殺された"ウインドレインを重視したい。
恐らく高速不良馬場だと追走で手一杯になる感じ。午後になり、馬場が乾いているなら末脚を活かせそう。

 

9R 柳田大祭特別:◎スガノタイトル
外枠&道悪なら再度期待する。田んぼ馬場よりも乾きかけの方が良いはず。田知じゃなくて畑中なのも好感。
メイショウオニグマは前走1700m戦の外枠で後手を踏む。内目の枠なら先行できるはず。