『雑感』

稀に更新します。

初森ベマーズ初回の感想と…七夕賞 プロキオンS 2015年 予想

 

 

 

昨日からテレビ東京系列で始まった乃木坂46主演ドラマ「初森ベマーズ」ですが…
正直、期待していたほど"乃木坂×ドラマ"の組み合わせは厳しいなと感じました。

youtu.be なぜ、この時代にスポ根ドラマなのか。

AKB48×秋元康が確立させた学園ドラマ「マジすか学園」も、時代遅れ感のある"ヤンキーもの"でした。
メンバー其々の個性で未熟な演技力を補足し、学芸会っぽさを前面に打ち出す。彼女たちの成長過程と、アイドル性を同時に楽しめる。CS「ネ申テレビ」と共に、48G初期の挑戦的な企画だったと思います。

その大きさゆえに揶揄されがちですが…AKB48は(歌も踊りも演技も)過去の集団グループより高レベル。特に"神7"ら主要メンバーは強い個性を持ち、多様な現代社会でも、その存在が際立っていました。
初期「マジすか学園」は、一人一人の強いキャラがぶっ飛んだ物語と演技力を凌駕した成功例でしょう。

 

さて、乃木坂46保守本流・正統派と高評価を受ける一方、メンバーの個性は広く浸透していません。チームスポーツが題材なのに、チーム内のキャラ区別がつくのか。序盤を見た限りでは心配になります。
何より主人公である西野七瀬。出演カット数の割に存在感が薄すぎる。普通に可愛いんですけど…

個人的には、彼女たちの仕事が内向き(握手会・ライブ)過ぎる気もします。もっと露出を増やせないか?同じ様な制服で、同じ様な恰好で、同じ様な優等生コメントを残すようでは、48Gに勝てる気がしない。
TX「乃木坂ってどこ?」で見せる表情が広く認知されないと、ドラマの脚本も深みが出ないのかなと。

 

ちなみに西野の母親役は元不良少女・伊藤麻衣子。父親役は国広富之だよね?…とか、期待してしまう。肝心の試合描写はどうか。元ソフト部・白石麻衣(と野球好き衛藤美彩)の立ち回りにも注目しています。
ただ、連ドラの興味持続性を考慮すると…1話からソフトボール競技の描写で"掴み"が欲しかった。

一番残念な点は、集団のシーンでメインの子が台詞を発している間に後ろの子達が"棒立ち"だったこと。
但し目線は統一されていただけに、これは演出の問題なのかもしれない。引き続き様子を見たいです。

 

 

さて、福島・中京・函館開催が続いています。メイン重賞は七夕賞プロキオンS
先週は雨の影響を受けた中京。今週も少し湿っており、芝は差しが決まります。ダートは高速条件。
福島も高速条件。但し馬場が荒れ始めて外差しが決まり易くなったか?Aコース最終週で、要注意を。

 

 

七夕賞
グランデッツァ
アルフレード
▲ステラウインド
メイショウナルト,トウケイヘイロー,フラアンジェリコ
先行候補:メイショウナルト,トウケイヘイロー

トウケイヘイロー善臣は手が合うのか?どの馬が先手を奪っても、中盤・緩んで上がり勝負になりそう。外バイアスが掛かりつつある福島。変な差し馬(高速馬場向き)が突っ込んでくる可能性も考慮しつつ。

グランデッツァを本命に。都大路Sの衝撃から1年。勝ち星こそないが、高速条件での力強さは「流石タキオン産駒!」といった感じ。前走より遥かに良い条件。中盤息が入れば、位置取り面で恩恵を受ける。
アルフレードは"内枠が"割り引き。変に(直線内に)拘らないで欲しい。爪の状態は一進一退か。

ゼンノルジェロだと(脚質は良くても)ポテンシャル的に厳しい。むしろステラウインドの方が、トレイルブレイザーの"二番煎じ"を期待出来そう。高速馬場で中盤息入れば、前受け&地力勝負は得意なはず。
目黒記念好走レコンダイトは軽視。自ら動けるフラアンジェリコとは違い、末脚の使いどころが難しい。このタイプはズブズブの展開にならない限り厳しいでしょう。マイネルディーンも外枠なら考えた。

 

 

プロキオンS
ベストウォーリア
エアハリファ
コーリンベリー
△キョウワダッフィー,タガノトネール,ワイドバッハ
先行候補:コーリンベリー,レッドアルヴィス,タガノトネール

シンプルに攻めたい。高速条件の千四なら、少し前を想定したい。但しコーリンベリーは出遅れ注意。
ベストウォーリアが前走・先行出来たのは大きい。やはりスピード馬で早々崩れない。淡々と流れそうな展開も合う。地力勝負(差し決着)でも大崩れはないだろう。先ずもって消せない一頭かと思う。

相手には(昨年2着)キョウワダッフィー。最内&小牧で目黒記念の"二番煎じ"狙い。グレープブランデーも鞍上交代で期待したい。久々エアハリファ、先行力あるタガノトネールの方が妙味はありそう。
レッドアルヴィスは自分の形に持ち込むのが難しい条件。ワイドバッハは脚質的に着取りが精一杯か。

 

 

マリーンS:◎ヒラボクマジック
ヒメサクラが楽逃げを打つと…はいえ、中盤緩めても良さが出ない気が。ジェベルムーサの捲り次第。
ヒラボクマジックの末脚に期待。内枠⇒外枠の切り替え次第。大事な所で、ソロルに詰まりそうだが…

 

天の川賞:◎ノースショアビーチ
降級2戦目で、実力最上位の馬。リッカルド・エビスグレイドが先手を取る展開なら、中盤捲り易そう。前走・青梅特別は好メンバーで、TR:B相当(タイム差-)。個人的には、1周コースの方が合うと思う。
ノースショアの捲りが嵌まれば、シュミットやロンギングエースといった差し馬が嵌まりそう。

 

有松特別:◎アスカビレン
3歳牝馬だが、近2走の末脚は渋い。道悪中京は水はけが悪く、馬群が固まると直線勝負になるだろう。
ドラゴンストリートは馬場次第か。ムーンクレストやホッコーアムールの方が当該距離向きかなと。

 

中京最終:◎キーアシスト
前走(ディアブルーダー戦)が好メンバーで、TR:C相当(タイム差-)。逃げる勝ち馬を追いかけて、しぶとく詰め寄った。2走前の様に後手に回らなければ、再昇級を決められそう。重賞馬の意地を見せて欲しい。
人気必至のワールドダンス、メイショウブーケは脚質&適性的に届くか?鮮度ある3歳馬を相手に。