『雑感』

稀に更新します。

ロイヤルアスコット初日と金沢の予想

 

今週は英国ロイヤルアスコット開催。
イギリス王室が主催する初夏のアスコットG1開催。当日はドレスコードを守る必要がありエリザベス女王も来場しますね。その初日に行われるのは、クイーンアンS、キングススタンドS、St.ジェームズパレスSなど。

 

先ずはマイル戦のクイーンアンSから…

f:id:beggaman:20170630204453j:plain

8頭立てと少ないですが、注目6連勝中のソロウ(仏)とエイブルフレンド(香)が対決。いきなり「決戦」ですね。

やはりソロウが1番人気に収まりそう。前走イスパーン賞では残り300mで追い出されると、鋭い末脚を発揮。ザグレイギャッツビー、シュリスデゼーグルといった能力比較の基準になりそうな有力馬に完勝しています。
同じく6連勝中のエイブルフレンドは"マジックマン"ことJ.モレイラと共に参戦。欧州相手にどこまで通用するかは未知数ですが、強気の競馬を期待出来そう。とはいえ、狙いたいのは重厚な血統で末脚鋭い馬。

R.ハノン厩舎がG1馬を2頭出し。ナイトオブサンダーとトゥールモア。前走ロッキンジSは前者が接戦を制し、共に良い状態での参戦。血統面と実績からナイトオブサンダーを推したいですが、出来たら前受けしたいはず。この辺りモレイラとの位置取り勝負になりそう。名手同士の探り合いに注目です。
個人的に狙いたいのはクーガーマウンテン。ジョセフ⇒ムーアもそうですが、"豪州のタフネス"Fastnet Rock産駒が何処まで通用するか、非常に楽しみ。ブドー騎乗の仏G1馬エソテリックも着取りは出来そう。

キングズスタンドSは5F電撃戦

f:id:beggaman:20170630212303j:plain

ここはソールパワーが断然人気。とはいえ、前哨戦も良い所がなく、ムラ馬の8歳は心配だったりします。他の有力馬はハムダン殿下所有ムスミールにファハド殿下所有パールシークレット。うーん、共に上がり馬ですが。
このレースは難しいです。しかし、古豪が揃った分、前述2頭の様な"新しい力"に賭けてみたいなと思います。

St.ジェームズパレスステークスに関しては、グレンイーグルス一択かなと。今年の3歳マイル路線では相当強い方だと思います。今のタフな馬場も合いそうな血統。後はギニー馬メイクビリーブなどを。

 

 

前置きはこんなところで…。

百万石賞はジャングルスマイルが優勝。連覇以来の復活3勝目となりました。
逃げるセイカアレグロの後ろに付けて早目先頭に立つと、ナムラダイキチとナンディンの追撃を振り切り、見事2馬身半差で完勝しました。怪我やスランプを乗り越えて、今なお金沢競馬場は"2強"の天下が続きますね。
ナムラダイキチは連戦の反動がどうか。今後も足元との戦いが続きそう。ナンディンは現状"漁夫の利"作戦しか通用出来無さそう。個人的には他地区遠征(移籍?)を視野に入れても良さそうな。考えどころかなと思います。

 

本日は午後から雨予報。メイン辺りは差しが届く事になりそう。注目ですね。
時間も少ないので、いよいよ始まる2歳新馬戦と特別戦の予想を載せたいと思います。

 

 

金沢4R:◎ウインドワルツ
能力検査の時計的にはショウケンボーイとクルミネ。前者は一旦回避しており、この辺り何か不安ありそう。
ウインドワルツは検査が追い切り。スピード面で劣るも地力ありそうな血統。良馬場で前が崩れる展開を期待。

 

金沢5R:◎ヤマショウベガ
シグラップマリアとヤマショウベガの金田厩舎2頭が速い時計。次点がヤマミエマーヤ。この辺り有力か。
この配置で馬場を考えるとヤマショウベガかな。2戦目で「下げる」と思うから、ここは攻め切ると見た。

 

金沢10R 峨山禅師生誕祭特別:◎セルリアンアクウー
快速馬エーシンブランが待望の短縮。リベレイショニストとの戦いになる。このFビジョン多頭出しは怖い。
雨が降って、差し競馬を想定。セルリアンアクウーは短縮になるが、やることは同じ。内外を上手く使いたい。

 

金沢11R 千里浜ちびっこ駅伝特別:◎ゴールデンリーフ
内からトウショウオウガ。外からプレミアムカード。この2頭が隊列を決めると、中間息入れてきそう。
ゴールデンリーフ&桑爺の"漁夫の利"に期待。中間息入って、馬群が凝縮した方が良さそう。2,3着狙いで。