読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

東京ダービー 2015年 予想

 

 

今年こそ「東京ダービー制覇」を決めたい的場文男騎手。先日自身のコラム(報知)にて「今開催は前開催ほど、内が重くない。フラットに近いかも。」と書いていた。馬場自体は大きく変化していないが、直線砂を補充した分だけ負荷が出ている印象。スロー末脚勝負なら、持続力とスタミナが問われるため、この辺を注意したい。
向正面は重め。故に捲り差しは厳しい。緩いと前残り、流れると差し届く。ここに当日雨の影響が加わる。
夕方には止む予定だが、直線が外差し傾向に変わる可能性は十分にある。直前まで注視したい。

 

 

東京ダービー
◎クラバズーカー
〇パーティメーカー
▲ストゥデイウム、オウマタイム
△ミッドストラーダ,ブルーマイスキー,ララベル,ヴェスヴィオ
逃げ候補:ドライヴシャフト、フラットライナーズ
⇒フラットライナーズは出足良くない。恐らく最内からドライヴシャフトがハナ。オウマタイムを見ながらララベル辺りが隊列を形成するはず。後は小久保勢。ジャジャウマナラシ、ラッキープリンスを行かせて、大外から内に入れたいパーティメーカー。勝負所、中盤~後半の動き次第。長く末脚を使う事になれば、差し決着濃厚。
過去の雨馬場では外差し決着。今年はオウマタイムの早仕掛けとストゥディウムの捲りが左右しそう。

☆本命はクラバズーカー。前走中盤から流れる展開で良く差し込む。陣営は雨馬場を不安視しているが、水たまりに脚を取られなければ。キングマンボ馬場ではあるし、ギニー4着の法則も発動。泰斗さんを信じてみたい。
これにパーティメーカーとストゥデイウム。パーティメーカーは前半次第。ある程度の位置に付けて物理的な邪魔がいなければ。クラバズーカー同様追走に苦労したくない。距離が伸びて良い血統とは言えないし、文男の腕を以てしても展開利が欲しい。ストゥデイウムは差し遅れないこと。羽田盃よりも早めに動く必要がある。
オウマタイムは安泰…といきたいが、掛かる部分を矯正できるか。昨年のハッピースプリントみたいに上手く乗れず、中盤3角で押し上げる展開になりそう。山口ステーブルの時計重視育成にも原因がある気はするが…。先行勢にとって重馬場でなくなるのは歓迎も、昨日のケイズイーグルの様な競馬は宜しくない。
あとは未知数のミッドストラーダとブルーマイスキー。前者はミッドウェイ調整。決め手はないが、同レースお得意の戸崎さんを器用。位置取り的にクラバズーカーにとっては嫌な相手。一方後者は無欲の追い込み。さほどパーティメーカーに厄介とは言えないが、差し脚は確かだと思うので前が歩いた時の3着候補。ララベルは実力的に足りるので、オウマタイムが消極的なら。これはヴェスヴィオも同様で、吉原の工夫に期待がかかる。