読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

日本ダービー 2015年 予想

 

 

今年の日本ダービーは里見会長VSサンデーレーシングという構図。
中でも"アドマイヤグルーヴ最後の子"や"ラングレーの全弟"など、POGで大砲(4番打者)と位置付けられた馬が結果を残しています。良血や好馬体にも拘らず、気性面や脚元で大成しなかった馬が、近年の育成レベル上昇により軽減。特にノーザンファームは当歳&イヤリング訓致から外厩制度まで幅広い育成が行き届いています。
医療面や疲労回復面の充実も重要ですが、やはり「怪我が起きない様に馬を強くする」事が出来てこそ。
ダービー出走馬のうち半分以上が社台Gなのも理解できます。一方で、キタサンブラックにも頑張って欲しい。

 

 

日本ダービー
ドゥラメンテ
▲アダムスブリッジ,サトノクラウン
キタサンブラック,リアルスティール,サトノラーゼン
逃げ候補:スピリッツミノル…今春は馬場差-1秒弱が続く。やや重めの芝コンディション。
⇒スピリッツミノルのハナ想定。キタサンブラックは内番手が欲しい所。サトノラーゼン、タンタアレグリアコメート、コスモナインボールも基礎SP的に先行争い可能。ミュゼエイリアンは典ちゃん次第。
3ブロック馬群を想定。予想隊列は2012年のダービーに近い。先行馬からサトノラーゼンキタサンブラック。差し馬からドゥラメンテ、サトノクラウン、アダムスブリッジを抽出したい。

ドゥラメンテは外枠に入った。気性面とゲート不安はあるが、直線前を向けるかが鍵。共同通信杯皐月賞の伸び方は数値的にも素晴らしい。但し(血統面からも)長く末脚を使えない可能性は考慮。ここにつけ込みたい。
先行馬サトノラーゼンキタサンブラックの取捨選択。前者は決め手不足も基礎SPと要所での器用さがウリ。京都新聞杯では超高速馬場を内々上手く立ち回り末脚を使う。岩田騎手とのコンビで誤魔化す競馬を狙う。
キタサンブラックは母父バクシンオーの字面に捉われたくない。3走前に厳しいペースを先行して押し切った。3歳時なら距離も持ちそう。懸念は外枠スタート。完全に消すのは違うと見る。いずれにせよ連下っぽい。

サトノクラウン皐月賞は体調悪かった。今回は調教見る限り大丈夫。 広い府中コースで外々回る可能性は高いが、弥生賞での加速力は素晴らしく、東スポ杯の様に馬群も突ける馬。ゲート不安と直線で左に寄れる癖を鞍上が何処までカバー出来るか。成績的にも「フサイチホウオーと重ねる人」も多いが、皐月賞で「漁夫の利」3着や府中のスロー末脚勝負で辛勝してきた馬と同様に扱うのは不適当に感じる。十分勝ち負け候補かと。
☆最後はアダムスブリッジ。若駒
Sで見せた末脚を府中2400mで使えるか。数字以上に残り3Fスピードを見せている。若葉Sの様に先行馬にペースを握られると厳しいが、(血統的にも)意外と「漁夫の利」を狙えるかなと。
ちなみにリアルスティール。本来なら「皐月賞で勝って欲しかった」馬である(実際本命)。追い切りは日曜軽め⇒水曜坂路。1週間前に仕上げ切った…とも考えられるが、やはり末脚の使い所次第。ラヴズオンリーミーの子は爆発力ある末脚を長く使えない。といって中山急坂よりも広い府中向きという…正直分からない。

以上からキタサン、ラーゼン、リアルは連下。パドック状態を見て、アダムスブリッジで「冒険」を狙いつつ、基本はドゥラメンテサトノクラウン。これで昨年の(馬単エピファネイアキズナ)雪辱を晴らしたい。

 

 

目黒記念
ヒットザターゲット
〇ファタモルガーナ
▲レコンダイト
△ニューダイナスティ,マイネルメダリスト,メイショウカドマツ
逃げ候補:メイショウカドマツ、グランデスバル】
⇒外枠2頭とニューダイナスティ、ステラウインドが先行争い。府中2500mは厳しいコース形態に加え、淡々とスローで流れるケースが多く、馬場が馬場だけに単純な上がり勝負にもならないという難解さ。
☆毎度おなじみステラウインドが先頭に立ってからレーススタート。ダービーフィズ、ファタモルガーナ辺りが捕まえに行く。府中傾向はサドラー系、そしてノーザンテースト持ちの馬がよく来ていた様に感じる。
つまりはスタミナが必要。ダービーフィズは不安で、トウシンモンステラの調整頓挫とやらを考慮。レコンダイトとファタモルガーナは悪くない。一応狙いはヒットザターゲット。最内から上手く末脚を使いたい。