読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

京王杯SCを考える。

 


PASSPO☆が大変な事になってる。

まこっちゃんがいなくなって、曲調も変わって、この事件。一気に正念場を迎えました。
僕は怖いパ○センさえ何とかしてくれれば…いえ、何でもないです。


このレースは毎年「千四巧者」と「中距離・差し馬」で決まる印象。
今年はペースメーカー候補が頼りない。超スローの可能性も秘めている。

 


京王杯SC
サクラゴスペル
〇オメガヴェンデッタ
▲ヴェンセンヌ
△エールブリーズ、ダンスアミーガ、ダンスディレクター
【PM候補:オメガヴェンデッタ,エールブリーズ】

☆「逃げ馬不在=超スロー」は早計。基礎SPを考えるとオメガヴェンデッタorエールブリーズ。サクラゴスペルは戸崎なら1列後ろか。後傾ラップに違いないが、基礎SPのしっかりした馬は揃う。

①東京芝1400m戦はハイペースになりにくい。
スタート後の直線距離は350m。3角・突入時はスピードが出易い。序盤・隊列が確定すると、そのまま「中~後半」もペース推移する。無理をすれば過剰ペースや外逸走を生じかねない。先行馬は基礎SPに加え「ポジショニング」重要。出来れば大外枠は欲しくない。

②狙うべき馬
「内枠の先行馬」「イン差し馬」が狙い。直線が長い分、先行馬場でも「差し」が届く。但しコーナリングでのロスは致命的になります。よって「インを上手く立ち回った」差し馬が結果を残します。「先行決着」は意外と少なく、2,3着には「末脚タイプ」が突っ込んで来る。傾向を見る限り、基礎SPタイプの「短距離馬」より、後半勝負に強い「中距離馬」を優先。そして「千四巧者」も。

⇒昨年はコパノリチャード参戦。過去数年で一番ハイペースとなった。今年は前半3Fが35秒台まで落ち着きそう。比較的に基礎SPの高い馬で「隊列・形成」される事から、淡々と流れる事になる。オーソドックスに「千四巧者」と「中距離・差し馬」で攻める。


サクラゴスペルは思ったより人気してしまった。一昨年中山1200m戦を連勝。今年オーシャンS制覇。中山巧者のイメージだが、条件馬の時代は東京1400m戦で好成績を上げていた。府中の戦績は【4・0・0・8】。安田記念で大健闘の0.4秒差・5着も含まれている。
⇒休み明けを除けば1400m戦では【4・0・0・3】。ここ1,2年は頻繁に休養を挟んで使われ、不調期もあったが、オーシャンSハクサンムーンを撃破。高松宮記念も馬群に挟まれながら最後まで伸びていた。

オメガヴェンデッタは難しい馬。基礎SP&大跳びが強み。前向きな気性を考えると1400m戦への「距離短縮」は効きそう。外目の枠から広いコースを上手に使いたい。渋った馬場は出来るし、後は典ちゃん次第。日曜メインに騎乗がない以上、ここが勝負だろう。

ヴァンセンヌは「中距離・差し馬」の代表格。体質から時間は掛かったが、初重賞挑戦となった東京新聞杯ではアルフレードを完封。強烈な末脚を用いる。馬群も突けるし、外も回せる。安田記念に向けて基礎SP対応するためにも、勝ち負け以上に大事な一戦。

ダンスアミーガで“ビートゥゲザー”するには基礎SP一辺倒過ぎる。今年のエールブリーズの鞍上は大知。それならダンスディレクターサトノルパンの末脚に期待したい。