『雑感』

稀に更新します。

東京湾カップ 2015年 予想

 


本物の"八百"はこんなんじゃない。


船橋5R。圧倒的1番人気のハクサンリリーが最下位入線。
馬主が河崎五市氏で、鞍上が吉原寛人騎手。また騒がれるのでしょう。

前走、前々走を見ると、やはり「出遅れ」から促すも先行出来ずに敗退。
(特に前々走は)中~後半に外から押し上げる競馬で離れた2着。この好走には幾つかポイントが有りますね。

何と言っても"悪癖"。ゲートの悪さに加えて、折り合いのつかなさ。現状「道中外々を通って、後半捲り差す」戦法しか見当つきません。駿が乗り替わり&初戦で好位置を取り切れば、また違ったのかもしれませんが。
好走時は"高速持続馬場"で上手く行った場合。逆に凡走2走は"高速先行馬場"や"上がり性能が問われる条件"。

配当面も他レースと比べて「異常」とは思えませんし、そもそも厳しい条件。
決めつけるのは早計ですし、もう少し検証してもらいたいところです。競馬ファンならね。

 

ハッピースプリントの件も、宮光の騎乗に賛否がありますね。
出鞭を入れて先行する必要性はあったのか…もしあるとすれば?

 


東京湾カップ
◎クールテゾーロ
○ミッドストラーダ
▲ドライヴシャフト
△レイモンドヒッチ、クラヴィクトリー、ハタノヴォラーレ
PM候補:ヴィグシュテラウス
☆内枠ドライヴシャフトの出方に注目。権利を取りに来る乗り方をしてくる。最内のミッドストラーダは後手に回りたくない。先行赤岡&コメントからヴィグシュテラウスが逃げる。後続は動き出し重要。

本命はクールテゾーロ。町田器用は「本番」を見越して。バタバタした競馬を馬が嫌がるので、気持ちよく走らせたい。直線内で詰まるんじゃ…に関してはノーコメント。グッドラックが外から動いて、それをやり過ごして、「漁夫の利」作戦。町田さんは追えるし「センスはある」のです。(株)エッジを信じたい。

ミッドストラーダは乗り方一つ。後手の競馬は避けたい。前走は先行馬場で、内3列目から前を捕らえ切れず。今回は高速・先行馬場という事で芝・砂高速兼用の血統は期待出来る。後はミッドウェイFの仕上げに注目。

ドライヴシャフトは文男パワー注入。荒山先生が文男を起用する辺り「権利」を取りたいと見る。人気薄ならクラヴィクトリーよりもレイモンドヒッチを見直したい。ハタノヴォラーレは外3.4列目から早仕掛けを狙う。大外枠から前受け・勝ち切るほど簡単な相手とは思えない。コンドルダンスは位置取りと展開次第。

 

 

兵庫CS
◎タンジブル
クロスクリーガー、ポムフィリア、インディウム
リアファルは軽視したい。