『雑感』

稀に更新します。

羽田盃 2015年 予想

 

 

とりあえず1冠目の羽田盃
そして門別競馬開幕。春競馬が始まりましたね。

 

 

 

羽田盃
◎パーティメーカー
〇オウマタイム
▲ストゥデイウム,ヴェスヴィオ
△コンドルダンス,クラバズーカー,フラットライナーズ,ドライヴシャフト
逃げ候補:ラッキープリンス
⇒山口Sが集合する。ある程度ペースは落ち着く。多少乾いても時計の速い馬場。直線は内ラチ以外フラット。外からでもペース次第で届く辺りを頭に入れておきたい。血統的にも重めの馬重視。オウマタイムの動き次第。僚馬を残す展開に持ち込むのか、向正面~3コーナー辺りで進出することになるか。
☆本命はパーティメーカー。3着くらいに差し込んで来ればダービーが楽しみですね。ストゥディウムとこの馬は京浜盃の敗北を見直せる。ストゥディウムは体調も良くなかったようで、1コーナーでジャジャウマナラシに進路をカット。直接の原因ではないだろうが、ポジショニングが悪くなったことは確か。今回は外枠からスムーズに運べる。パーティメーカーは縦長の競馬で中団から唯一掲示板に入り込んでいる。中央遠征では結果を残せなかったが、南関では実力ある。鞍上の工夫にも期待したい。

 


12R
◎ヴェリーハード〇ダンスパフォーマー▲ムサシキングオー△1,2,4,5,7 
⇒ノーキディングが逃げて3,4,7が好位、これを6が潰す形が定石。ただしダンスパフォーマーは前走先行馬を甘やかし過ぎた。今回はそれだと勝てない。前開催木曜日から馬券外の続く矢野ちゃんがどう乗るか…。本命は漁夫の利で馬券内突入ヴェリーハード。直線外に切り替えられたらドゥフトライネンも面白いのだが、道中で出動する形は微妙。またブリージーストームが休み明けなのと、スコペルタみたいな血統が今開催あまり馬券になっていないのは気になるところ。

 

10R
◎アートオブエンド○トウショウブランド▲キングガンホー△1,8,12,14
⇒6連勝を賭けてアートオブエンドが好調トウショウブランド、ブルーロイヤルらに挑む。その2頭を抑えて外からキングガンホーが逃げる。おおぐま座特別組はトランクスとこの馬しか出番がなさそう。サッキープリノミスが最内でトウショウブランドもそこそこ面子揃った上での内枠。付け入る隙はある。モータルコンバットはさらに時計の短縮が条件。

 

9R
○エーブキットマン▲ショウナンアバロン、ベストポジション△2,3,4,8,9,14
⇒ハイパワーが馬場読みがてら先行。好位までに取り付けたい馬が多い印象。特に赤岡&岡部は先行を期待されているはず。自然とペースは上がるだろうが、そうなると逆に後ろは届きにくい。マリアンズクックが遅刻する想定に期待したい。

 

8R
◎アイアンガール〇トウカイマルシェ▲マイネルガリオン△3,6,8,10,14
⇒マルヨスバルに3,5,7,9が続く。最内から岡部も行きそう。アイアンガールは前々走休み明け格上挑戦で大崩れを見せたが、前走はしっかり先行出来て残った。時計的にも通用するので英光が下手な小細工をしなければ。マイネルガリオンの全差しはあり得るが、極端な馬は狙わず行きたい。ウインホイッスルは馬場の渇き加減次第。

 

7R
◎キョウエイデューク〇マイネルインペリオ▲アラディン△1,2,5,7,11
⇒外枠からサクラフェスタ。5,6辺りが続き、その後ろに延長アラディンと吉原Kデューク。緩くはならなそう。アートガウディとニコットサンキューは気になるが、キョウエイデュークで。取り消し明け2走挟んで前走復調。そこに吉原器用とくれば。


6R
◎ビバ▲コウヨウマーメイド、マーメイドナナ△2,8,9,10,12
⇒騎手的にも1,5,11,13辺りが先行すると思う。とはいえ低調なメンバー。外からサイレンサーが押し上げていくのだろうが、それにしても何が勝つか読めない。スピードある先行馬から狙いたいが、少し重めの血統が良さそう。ある程度馬群がばらけて点々とゴールする展開ならビバもある。ラヴィングルックの転厩はさほど気にしなくていいよね?

 

 


北斗盃
◎オヤコダカ
〇パシコペンネッタ
▲フジノサムライ
△タイムビヨンド、ノボリクリーン、ジェンキンス
逃げ候補:8枠
⇒8枠が逃げて、オヤコダカが潰す。内回りコースは平坦通常カーブの函館ダート1700mを想定した。函館以上に内枠の先行馬有利な気はするが、ペース次第では道中動いてくる馬もいるだろうし、この辺次第。函館開幕週は強い先行馬+好位差し+好位差しのパターン。今回は重馬場ということもあり、差しは2頭も来なさそうだが。
☆オヤコダカはともかく狙いはパシコペンネッタ。エーデルワイス賞で中央勢に喧嘩を吹っかけ、ブロッサムCでも先行力を見せた。血統的にも中長距離で楽しみなタイプ。水沢での敗北が隠れ蓑になれば、楽なペースで上手く立ち回り、粘りを見せてくれそう。藤原は地元笠松でも穴馬なら一発ある騎手。フジノサムライ、ジェンキンス、タイムビヨンドよりここは印を上げてみた。そのフジノサムライはどうも3着くさい。ジェンキンス氏は園田時代の競馬だと厳しそう。タイムビヨンドは先行が条件。そしてシークロムを切った。明らかに過剰人気。中央時代はクリノ大四喜やタマモ若月佑美に完敗。スプリングカップでスペクトルに勝ったことは確かだが、取り立てて強調する内容ではなく。このレース東北の真打ちは不在。仮に好位差しに回したとしてどうか…血統的にも1600mは長い気がする。

 


スーパーフレッシュチャレンジ
フィランソロフィー
〇プレイザゲーム
▲モンパサ
△3,5,7,8
⇒今年は面子が揃った。馬券的に狙うならフィランソロフィー。冬樹×桑原×サンシャインは「ヤリ」ですね。一方、山口ステーブル的には服部or岩橋が主戦。この2頭が能検と鞍上逆なのはいわゆる「オーダー」だと思います。
・まずは角川厩舎のシルバーチャーム×グルカッシュ。ユートピア牧場お馴染みの血統でシャイニングアワーの弟くん。ただし父親は悪名高き(?)シルバーチャーム。能検は時計よりも競馬運び重視。先着されたコパノディールの走りが目立ったとはいえ、この馬も走りは楽な感じで良かった。本番型だと思うので、その辺りも期待。
・次にパイロ×ノーザンスター。能検では途中引っかかるところがあり、折り合いを重視。ここが上に行けるかどうかのポイントになりそう。少し追われてからも反応よく、最後は五十嵐騎手が抑え気味にゴール。エクラヴァンクール産駒に先着されたが時計はまずまず。調教は山口ステーブルでも動いており、先々走ってきそう。
スクリーンヒーロー×フェアリーライドも良かった。ステッキ有とはいえ時計だけなら出走馬1番。サンシャイン牧場は今年の2歳勢が粒ぞろいと関係者は言う。初戦向きの血統だと思うので、先々よりも今回人気馬に一泡吹かせるならこの馬。
ベーカバド×キョウエイデビューは能検良かったが、実戦でどう変わるか。
・そしてパイロ×ジョウノパンジー。モンパサの能検内容は良かった。良馬場で時計のかかる中、50秒8.スタートから勢いよく、気性面からも短距離馬だろうが、かなり面白そう。馬主の和田博美氏はスマイルピースなど所有馬が好調。佐野謙とも仲良しの人格者と評判で(そりゃ高野やら西とか我慢して乗せてるんですからw)将来的には南関で楢崎が乗っているのだろうが、どれほど走るか注目。

 


10R
◎ヤマイチローガン〇ミオビキニブロンド▲ルナーリンガス、ミネノサンチェゴ、ボスビアー、セーラパシフィック
⇒ミオビキニブロンドが降級。ただこの馬詰めが甘い。成長力的にもヤマイチローガンやルナーリンガス、ミネノサンチェゴということになるが。重馬場で大外オグリノース沼澤は厳しいし、セーラパシフィックくらいだろうか。ビコーは買わない。降級のボスは買う。トリプル馬単で考えるのはこの6頭。オグリノース来たら知らない。

 

11R
◎オーノシシャモ、ステラインベレッタ▲1,2,9
⇒もうトリプル馬単は無理。ノールファンデヴーの咲くんが逃げて差し競馬。大外から松井伸也。オーノシシャモとステラインベレッタの2着付けで乗り切るしかなさそう。

 

12R
◎ハッピーメイカー▲デルマボサツ、フェアープライド、ブラックモンブランエクセルギー、ダブルミッション
⇒また沼澤…もしかしてゴリ押しされているのか!?とか勘繰ってしまう。ハッピーメイカーはまだまだ成長力ある。デルマボサツを捕らえて勝ちたい。篠田麻里子はダート出来るのか分からない。ダブルミッションは追走できるのか分からない。

 

 

 


トリプル馬単は無理です、はい。