『雑感』

稀に更新します。

日経賞&毎日杯 2015年 予想

 

 

春のG1戦線到来と共にドバイ競走も近いですが、今年は勝てそうで勝て無さそうな、フワフワした感じ。
エピファネイアハープスターは楽しみですが…果たしてどうなることやら。
とりあえず、DWCはアフリカンストーリーを消したいところ。カルフォルニアロームは対抗止まりの予定。

 

 

日経賞
アドマイヤデウス
ホッコーブレーヴ
トーセンアルニカ,サウンズオブアース
フラガラッハ,タマモベストプレイ,ウインバリアシオン
逃げ候補:タマモベストプレイ,クリールカイザー
⇒スロー必至。昨年のようにウインバリアシオンが捲りそうになく、フェノーメノは休養明けで一列後ろの可能性。中間の雨で多少渋っているだろうが、全体的に馬場は良好。Aコース最終週だが、内前決着も覚悟する。
クリールカイザーが逃げた場合。中盤緩みが少ないスローになるため困るが、その場合はトーセンアルニカやサウンズオブアースも早目に仕掛けそう。日経賞は毎年厳しい展開になる。今年も持続力のある馬を。

アドマイヤデウスを本命に。前走、高速馬場のスロー勝負を制したのは大きい。血統からも底力+持続力の馬。地力があり、3歳G1戦線でも大負けが無かった。しがらき外厩で調整。骨折明け2走目ボケがなければ。
ホッコーブレーヴは昨年の2着馬。短縮・休み明けは減点も、外厩を使い乗り込んで状態は良好。持続力勝負を期待している今回は当然狙う。トーセンアルニカやサウンズオブアースも位置取り一つ。力はある馬。
ウインバリアシオンは7歳。前回は岩田騎手のファインプレーでもあった。それ以上にフェノーメノが心配。

 

 


毎日杯
アッシュゴールド
〇ナヴィオ
▲アンビシャス
△グリュイエール,シュヴァルグラン,アルバートドック,ソールインパク
逃げ候補:テイエムクロタカ
テイエムクロタカにしたが、ペガサスボスやマサハヤドリーム辺りも逃げの形になる可能性。グリュイエールとダノンリバティは出たなり。アンビシャスは大外なので、どういった競馬を考えるか。スローペース濃厚。
本命はアッシュゴールド。馬が変わってきている。元々社台ファーム期待の馬。池江ではなく外厩がしっかりと調教を積ませれば、キッチリ結果は出してくれるはず。スローからのラスト3F勝負は得意なはずなので。
ヴィオンの延長は楽しみ。スローから単純な直線勝負になるだろうし、どちらかというと内・先行馬が良いはず。いずれにしても、ディープとキンカメとハーツとステゴしか買わない。ミュゼやダノンで決まったら完敗。

 


春風ステークス
◎コウユーサムライ
〇サザンブレイズ
▲インディーズゲーム
△ルミナスウイング、コーリンギデオン、クリノエリザベス、アルベルティ
【逃げ候補:クリノエリザベス】
⇒割と先行馬は揃った。差し競馬を期待したい。クリノエリザベスは良い馬だと思うが、騎手が得意ぶるとハイペースでも危ない。後はインディーズゲームやコーリンギデオンやアルベルティが届く展開になるだろうか…ルミナスウイングは難しい馬。津村じゃ無理だろう。サザンブレイズもハイペースなら粘り腰期待。

 

 


甲南ステークス
ハスラー
〇キャニオンバレー
▲ナンヨーマーク
△キープインタッチ、クラージュドール、ノボリドリーム、テイエムダイパワー
逃げ候補:テイエムダイパワー、キャニオンバレー
⇒普通はテイエムダイパワー。キャニオンバレーは逃げ方次第。ある程度ペースは流れそうだが…先行馬+差し馬2頭くらいがベスト。後はナンヨーマーク,ノボリドリーム辺りが好条件。厩舎と展開面は不安。

 


君子蘭賞
◎ダイワプロパー
シングウィズジョイ
▲エアルシアン
△コルボノワール、ナムラアン
逃げ候補:ヤマニンナジャーハ、エアルシアン
⇒エアルシアンのデビュー戦は相手が弱かった。タイムランクも低い。だからこそ、キッチリ抑えておきたい。外厩で調整されたダイワプロパーに期待。コルボノワールも好条件。ただ差し馬より先行馬を選んだ。シングウィズジョイもエアルシアンも良い馬。ナムラアンも牝馬同士なら許容範囲。

 


中京11R
◎ロンギングゴールド〇アウォーディー
⇒ようやくアウォーディーがまともな条件使ってきた。

 

中京10R
◎レトロロック〇タンタアレグリア
⇒非根幹延長は角居先生の「秘策」だと思う。レントラーはともかく、ラウレアブルームは鵜呑みに出来ない。

 

阪神8R
◎ブレイクアウト〇ゼンノスサノヲ
⇒ゼンノスサノヲに期待。