『雑感』

稀に更新します。

京浜盃 2015年 予想

 

 

張田京騎手の引退が決まりました。

このタイミングで調教師転身は驚きですが、今後は息子を中心に面白い厩舎経営を期待します。
長きにわたって活躍した南関の名手ですが、とにかく本気の時が凄かった。人気薄単勝がハマった時の快感を教えてくれたのは間違いなく貴方でした。長い間お疲れ様でした。今後ともよろしくお願い致します。

更には岩手の小林俊彦騎手も引退。ついに「イサコバ時代」が終焉を迎えます。スピリタス山田信大も引退。彼の追い込み一筋には色々と悩まされました。また山P(山下貴之)や佐藤博紀も調教師に転身。楽しみですね。

 


京浜盃
◎クラバズーカー
〇パーティメーカー
▲オウマタイム,ヴェスヴィオ
△ストゥディウム,ラッキープリンス,エンターザスフィア,カールトンガーデン,フラットライナーズ
逃げ候補:ラッキープリンス・フラットライナーズ
⇒雨の影響次第。3,4角が重いのと、前残りはペース次第。差し馬は内外よりも直線まで我慢が理想形。
京浜盃は1800m戦と違って序盤の入り迄が短い。ラッキープリンス辺りが主張すれば、8枠フラットライナーズより盤石な印象。昨年は外枠決着になったが、今年はペースが落ち着けば内で我慢した馬が弾けると想定。
☆クラバズーカーは転入2戦目。雲取賞は厳しい展開で好内容、レースレベルも高かったと思う。長く末脚を使える馬で、血統的にも機動力+持続力型。内枠なので、泰斗騎手が構え過ぎず、直線上手く進路を探りたい。
先行勢ではオウマタイムとヴェスヴィオが消せない存在。パーティメーカーよりもストゥディウムの方が「差し脚は上」も後者は展開に左右される。但し的場騎手は本番に向けて脚色を計る競馬を選びそうだ。

 

12R◎ジャーグラッド【ビッグガリバー延長最内微妙、チョコ延長内枠、ビルス延長、ジャーグラッド延長鞍上強化、ヴァイスヴァーサ短縮、メイショウパーシー短縮、サブノホホエミ&キモンアヴァロン外枠先行体勢】

 

10R◎ゴールドマリキヤ【アイスカチャン&ファストアズソング最内微妙、レッドハピネス&トランクス鞍上強化、ゴールド2頭有力、リーディングエアー上がり持ち】

 

9R◎キングブレイド【ローレンカフェ格上内枠、ブラックピアド矢野⇒田中、キングブレイド久々中距離】

 

8R◎モンテチェルビーノ【ネオディオス&モンテ内枠、ビジンダネ転厩初戦、アマクサマンボ矢野選択?、アザヤカサクラ大外】

 

しかし、フラットライナーズで先行馬勢を抑えて逃げたらどうしましょう…張田さんにはそれがある。
昨年10月のホースカフェでは、ジャージ姿で見事な調教を披露していました。決して「競馬スキルだけの人でない」事は僕が言う必要は有りませんね(笑)調教師になっても自ら乗る機会は多いでしょうし…。