『雑感』

稀に更新します。

シンザン記念 2015年 予想

 

 

かつてのシンザン記念は"サンデーサイレンス産駒の天国"でした。
ところが、SS時代の終焉と短距離路線からの馬が増加して、すっかり厳しいペースになる事が増えましたね。

開幕2週目の京都競馬場。週中の雨ですが、影響無さそうです。"グリーンベルトの馬場"は徐々に解消されつつありますが、内ラチから離れると着差に響く事には変わりないですね。良質な芝状態は継続しそうです。
京都5Rの新馬戦にはディープインパクト産駒のキロハナが登場。POGで人気だった1頭。馬場は良いですね。

 

 

 

シンザン記念
グァンチャーレ
〇サトノフラム
▲レンイングランド
△ダッシングブレイズ,ナヴィオン,クイーンズターフ
⇒レンイングランドの逃げが濃厚。サトノフラムも好位差しを狙うが、クイーンズターフ辺りも果敢に行く。
シンザン記念は「古風な血統が好走しやすい」傾向にあるが、開幕2週目の京都外回りで淡々と流れ易いため、差し決着になり易い。短距離で勝ち上がった組と中長距離で勝ち上がった組が混同しており、騎手側が内有利を意識した乗り方をする事で、逆に「厳しい展開で外差し決着になる」ケースが生じる感じなのかなと。

グァンチャーレの前走だが、"溜め殺し"というより、直線全く追う事が出来ず(最後は馬がやめて)敗退する。脚質転換を図ったのは理解出来るし、この辺り「勝敗は兵家の常」と言える。外枠替わりになるが、基本的に(少頭数とはいえ)内有利の馬場だから、プラスに考えたい。デビュー後3戦上がり最速から末脚は間違いない。

サトノフラムは新馬戦の時点で「クラシックは…」という育成方針。安田厩舎である以上、仕方ない面はある。再び戸崎騎手に戻って、溜める競馬で行くのか出して行くのか…この辺りが分かれ目(出して行って欲しい)。

レンイングランドも淡白なタイプだが、逃げ方一つかなと。血統的には(クロフネ×バクシンオーだが、牝系にはシンザンやヒンドスタンの名前があって)面白い。他の先行馬よりは速いし、残り100m辺り迄は馬券内のはず。

ダッシングブレイズは地力なら高い。前走は接戦で敗れるも、上がり最速の末脚を使って内容は悪くなかった。逆にナヴィオンは大外枠に入って、末脚が活きるかどうか。後はクイーンズターフ辺りの差し込みか。

 

 

ポルックスステークス:◎サンマルデューク
馬群を割って来られるのか分からないが、差し競馬になりそう。イッシンドウタイやタガノゴールド辺りをば。

 

初咲賞:◎ウインフェニックス
良馬場自体は悪くないと思う。但し、位置取り面で強気な競馬が欲しい。末脚&持続力勝負だと分が悪そう。