『雑感』

稀に更新します。

師走ステークス 2014年 予想と2014年度の洋画まとめ。

 

 

洋画の感想は時間が足りないので、割愛させてください。
今年は邦画ほど数を鑑賞出来なかったのですが、それくらい「見たい邦画が多かった」とも言えます。
中でも、インドネシアで起こった大量虐殺を振り返る「アクト・オブ・キリング」は衝撃作でした。

 

 以下…

それでも夜は明ける」……奴隷が叩きつけられる。歴史が叩きつけられる。現実が叩きつけられる作品。

インターステラー」……3次元から4次元(5次元)への発想転換。難解も五感で楽しめる"おとぎ話"。

猿の惑星 新世紀」……現代に蘇える「ジャングル大帝」は"知性と感情の戦い"とも言える。

アクト・オブ・キリング」……恐怖は結果が明確になった時、現実になった時、一気に襲いかかる。

「スノーピアサー」……逃げられない人間社会の"終着駅"は破滅であり、希望に満ち溢れた"始発駅"である。

「複製された男」……ネタバレすると、"藤子不二雄作品"に近い。この世で一番怖いのは"自分の思い込み"。

GODZILLA」……ゴジラであり、平成ガメラ。生物は最後の瞬間まで生きようとする。人間も同じです。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」……どんな"スターウォーズ作品"よりも"スターウォーズ作品"だ!

「ゴーンガール」……普遍的な生活の中に潜む"悪夢"。それでも覚めたら新しい一日が始まるのである。

 

こんな感じで(全く伝わらないやつ)。

 

 

 

 

師走ステークス
◎マスクトヒーロー
〇ノースショアビーチ
▲ヒラボクマジック
グランドシチー,グランプリブラッド,フィールザスマート
逃げ候補:ノースショアビーチ 番手候補:フィールザスマート,グランドシチー,マスクトヒーロー
⇒恐らくノースショアビーチ単騎で逃げる。内を活かしたいグランドシチーと内を取りたいフィールザスマートの位置取り次第。スローペース中弛みは濃厚で、早仕掛け勝負になるか、直線スピード勝負になるか…。

☆マスクトヒーローは休み明け2走目。昨年勝った北総Sと相似する条件で、鞍上が再現を狙う。良いスピードと末脚を持つ良血馬だが、乗り難しい上に脚元の弱さが重大。職人・新開師の仕上げ力とコメントを信じたい。
☆ノースショアビーチは自滅しない事が条件。斤量も恵まれているし、村田さんにかかる。ヒラボクマジックも末脚確かだが、三浦騎手が積極的に攻めるか不安。仕掛け遅れると内枠を全く生かせず敗退の可能性も。
インパルスヒーローは"両側B着のダ替わり"も厳しい条件。リアライズキボンヌは4半休がネック。

 

 

 

グレイトフルS
リヤンドファミユ
トーセンマタコイヤ
マイネルディーン
△シャドウダンサー,メイクアップ,ルファルシオン,ダイワリベラル
逃げ候補:スーサングレート 番手候補:メイクアップ,ルファルシオン,ダイワリベラル】
⇒スーサングレートの逃げ濃厚。内からメイクアップ、ダイワリベラル、ルファシオンが好位置を取りに行く。馬群は前後に分かれて、スローペースからの早仕掛け勝負or直線勝負を想定します。要は"何が動くか"。

リヤンドファミユの底力に期待したい。何故「中山・非根幹を選択してこなかった」のか(遠征?)。血統的に同条件で末脚と持続力を活かす形が良いはず。加えて久々の内枠。池添騎手なら一発狙ってくれるはず。
☆良血馬トーセンマタコイヤも4連勝でOP入りを決めたい。それだけの地力はあるが、ネックは乗り替わり。
☆ロンギングダンサーとマイネルディーンは発馬からの位置取り次第。好位~中団を取り切れば、上手く地力を活かせそうだが、道中10番手以下だと流石に厳しそう。末脚と持続力は高いし、中山非根幹向きと見る。
後はメイクアップ、ルファルシオン、ダイワリベラルといった昇級初戦の先行候補を散らす感じ。