『雑感』

稀に更新します。

京都2歳S 2014

 

 

京都2歳S
ベルラップ
〇ティルナノーグ
▲フローレスダンサー
シュヴァルグラン、ダノンメジャー
エイシンライダーが先手。アイオシルケンやテイエムダンシングでは追走厳しいと見る。内回りで緩いペースになり、ラスト3F勝負。ここは先行馬の基礎SP+上がり末脚、差し馬の上がり末脚+持続力を比較したい。

 

◇タイムランク比較

ティルナノーグ「C」「D」     前走末脚鋭い

フローレスダンサー「C」「S」   前走後方一気

ベルラップ「D」「S」「D」「S」 前走先行押切

ダノンメジャー「S」「S」 シュヴァルグラン「D」「S」 エイシンライダー「S」「D」

ベルラップを2歳馬の「能力比較の基準」に挙げている以上は買う予定。早い段階からスピードに乗せれる馬。エイシンライダーが要所でスピード苦労するようなら、早め先頭も造作ない感じ。問題は前走L1ハロンで(結果的に)失策となったレトロロックに差を詰められている点。差し馬を抑え込むだけの持続力は不透明。

ティルナノーグは前走見た目タイム以上に強い勝ち方。超高速馬場の恩恵もあり、雨で良さが削がれる可能性は高い。それ以上に気性面が問題。素質は間違いないだけに、本当にこの厩舎で大丈夫なのだろうか…。

フローレスダンサーは馬群の凝縮具合的に、いかにも届きそう(で届かない)印象。内回りも不安な血統で何とか早めに押し上げたい。ダノンメジャーも京都なら外回りで「淀坂上り坂」を活かしたいはず。逆にシュヴァルグランは京都内回り向きの血統。但し元々は遅咲きの血統。ヴィルシーナ程の完成度は感じない。