『雑感』

稀に更新します。

北海道2歳優駿 2014

 

 

ロジータ記念はノットオーソリティーの逃げ切り勝ち。

緩急どころか終始緩いペースでした。これで3F勝負にもロンスパ勝負にもならないのが今の川崎競馬場です。御神本騎手の好騎乗が光りました。今後も牝馬交流なら古馬相手でも通用しそうですね。
2着モフモフはペースが緩過ぎたため割を食った形ですが、やはり"ナムラタイタン的な"サウス産駒ですね。
3着クライリングはブリンカー着用で集中力UP。やはり馬具は重要なコンテンツです。気性がアレなので次走は様子見。
ヴァイスヴァーサ、スマートバベルは全くついて行けず。捲り差しは夢のまた夢でした…。

 

ローレル賞はララベル完勝。楽しみな牝馬が登場しましたね。僅差ですが、馬場を考えると難易度の高い勝ち方だと思います。半姉ショコラヴェリーヌの様に距離も持ちそう。後は足元と体質でしょうか。
この辺りは荒山厩舎ですし、泣きのコメントと共に様子を見ながら…。

 

今夜は門別競馬場で北海道2歳優駿です。昨年はハッピースプリントが中央馬を圧倒。同じクラスの"重荷"を、オヤコダカには背負わせられませんね。ただ、地方馬にも十分付け入る隙のあるレースだと思います。

 

 

北海道2歳優駿
ディアドムス
カラパナビーチ
▲タケルオウジ
△サダムリスペクト,オヤコダカ,デヴァスタシオン,クラバズーカ-
⇒デヴァスタシオンが1番人気。地方馬の代表がオヤコダカ。今年は短距離路線から強い馬の出走は無い模様。トウケイファルコンとディアドムスが先行候補になります。プラタナス賞組の評価が鍵を握りそうですね。

そのプラタナス賞はタイムランク「C」相当。控える競馬でも完勝したタップザット。現時点での完成度は高く楽しみな一頭です。但しペース補正が入り、先行馬が崩れた所を差した2,3着馬に関しては評価し辛いです。

むしろ「0秒5差、先行して粘った馬」を評価したい文脈。というわけで本命はディアドムス。札幌の未勝利戦「B」相当からもスピード能力は高いと見ています。ジャングルポケット×アグネスデジタルという芝血統で、金沢,盛岡,笠松以外の地方砂は怖いですが、門別の高速馬場なら鞍上の乗り方一つかな…と見ています。

カラパナビーチは前走・砂替わりで完勝。何より外枠替わりは楽しみ。タケルオウジは前走を評価します。