読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

菊花賞 2014年 予想

 

 

さて、じっくりと菊花賞

 

【ペースメーカー】⇒サングラス
【2番手集団候補】⇒シャンパーニュ,トゥザワールド,ワールドインパクト,ヴォルシェーブ
【3番手集団候補】⇒サウンズオブアース,トーホウジャッカル,マイネルフロスト,ゴールドアクター
【後列(イン)待機候補】⇒ショウナンラグーン,ハギノハイブリッド 
※差し馬は、ワンアンドオンリーを除いて早目スパートをかける可能性

 

◇通常想定は「サングラスが先手を主張して、シャンパーニュが続く」感じ。トーセンスターダム武豊騎手の"今回の使命"ともいえる「(この馬の)やる気スイッチを押してあげる」旨を果たすべく、ダービー同様2,3歩目から主張する可能性は入れておきたい。気になるのはトゥザワールド。ここで川田騎手が「ビッグウィークを、もう一度…」とばかりに積極策を取るパターンはあり得る。サトノアラジンは折り合い面での不安は拭えない。

 

◇超高速良馬場が想定されるだけに、前半大きく弛むことはなさそう。1周目のスタンドを通過して馬群が縦長のまま中盤に息入るという展開。トゥザやサトノが前の方で頑張っている以上、後続はラスト5F~ラスト4Fでスパートをかけてくるはず。今年はスピード持続戦ではなく、ロングスパート戦ではないだろうか。

 

 

菊花賞
ハギノハイブリッド
サウンズオブアース
ショウナンラグーン
トーホウジャッカル,ワンアンドオンリー,ワールドインパク
前列想定:サングラス,シャンパーニュ,ワールドインパク
⇒中盤~後半にかけての持続力勝負を期待したい。本命はハギノハイブリッド
この馬の弱点は"エンジンの遅さ"。持続力も十分備わるが、要所の動き出しは他馬に劣る印象。スロー直線最速戦or淡々ペース持続力勝負は不安ある感じ。前走も、ラスト3Fの動き出しで、完全にワンアンドオンリーらに後れを取っていました。最内を生かせずに直線だけジリジリと伸びたという感じですね。京都新聞杯を優勝した際のように、厳しい流れから直線バテない脚を使えてこそ。新緑賞もそうですが、ラスト1Fでラップをそう簡単に落としません。今年は「前半流れて、中盤緩んで…淀坂上り坂」という流れを想定しています。ワンアンドオンリーがどのタイミングで動くのかは分かりませんが、前列でトゥザワールドやワールドインパクト辺りも動き出すはずなので、確実に3コ-ナー下りの地点は速いはず。馬群が一気に凝縮することは考えにくいので、インを立ち回ってもスペースは問題無さそうでは。

菊花賞はロベルト系は走る。」と言われていますが、それってどうなんでしょうね…まぁ個人的には「シンプルにクレスコグランド」というイメージでプラス思考だったりしますが。ゴールドアクターは逆に父ロベルトでも、母系をパッと見て京都の高速馬場に適応できそうなイメージがなくて…マイネルフロストディープインパクトを信頼していない以上評価ストップ、逆にショウナンラグーンは良さそう。こんなところなんですよね。

サウンズオブアースは「ただのネオユニ産駒ではない」と思いますし、ショウナンラグーンも「ただのボリクリ産駒ではない」と感じています。それを言うとワンアンドオンリーも、サトノアラジンも、ワールドインパクトも、ということになるんですけどね(笑)想定と違う展開になれば、タガノグランパとかミヤビジャスパーも。