読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

乃木坂アンダーライブ.S2の感想と岐阜金賞&エーデルワイス賞2014年 予想

 


日曜は乃木坂46アンダーライブに。

会場(六本木ブルーシアター)で毎日王冠を見ようと考えていたら、まさかの客席が"ステージから4列目"。
流石に目立つかなぁ…と、一瞬躊躇しましたが、気が付いたら直線「田辺!田辺!」って声出してました(笑)

余韻に浸りながら、暫くしての開演。オープニングは『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』その流れで良曲『ここにいる理由』のイントロ。うん、これを聴くために六本木へ来たまである。20~30曲ほど披露したのですが、途中に挟まるダンス演出はよく分からなかったです。某演出家だからか…うーん、そんなグループだっけ?

いや、"そういうグループ"に育てる方針なのかもしれません。本格的なダンスやクールな演出を取り入れつつ、町田系(エイベックス)との差を出す事で新規獲得に期待がかかると。アイドルの多様化は進んでいます。 

また、やりたかった『ハウス』の"合いの手(俺も!ってやつね)"も無事達成。
中盤MCは斎藤飛鳥さん一人喋りという大冒険。ブログのネタ(タイトル長い話)を披露していましたが、彼女はいま「辛抱」する時期。加入時は"幼さ"で人気ありましたが、現在は反抗期(ツンデレ)キャラの圏外暮らし。

ダンスが上達している印象で、ハーフな点(日本×ビルマ)も数年後に再評価されそうな予感。知り合いのヲタク(飛鳥推し)曰く「本当はツンデレじゃない」らしい。そりゃ反抗期は終わるもの。ニーズに応えるとは難しい。

君の名は希望』から始まった後半戦では、前回参戦時に聴けなかった『そんなバカな…』を披露。これは割と嬉しかったです。逆に『月の大きさ』は…。そして、クライマックスは卒業が決まっている伊藤寧々への餞別。メンバー1人1人から思いこもった言葉。中元日芽香さんが「木村拓哉のアドリブばり」の手つきでねねころの頭をポンと叩き、客席に笑顔を振りまくと変な雰囲気に。一緒に参戦した友人はイラっとした模様(笑)

恐らく、イラッとしたのは彼だけじゃないはず。それでも僕は好きです、ひめたん。←〇ねばいい

アンコールでは、もちろん『13日の金曜日』。斉藤優里さん唯一(?)の独壇場。今回も後ろを振り返ると、客席近くでパフォーマンスを頑張っていました。ラジオでの安定感あるトーク。彼女みたいな存在が大事なのよ。

最後は「乃木坂の詩」〆。いい曲だと思わないが、やっぱりキンブレ持って、振りやって、泣いちゃう。
途中演出にモヤモヤしながらも、最後は大団円。参戦して良かった。チケット取ってくれた友人に感謝です。

他にも天才・伊藤万理華や才女・中田花奈の話をしたいですが、この辺にしておきましょう。
更に可愛くなったテロリスト北野日奈子樋口日奈の愛らしさ。有能過ぎる川村ろってぃと永島らりん。蘭世のあざとさ。さゆりんの聡明さ。…いやはや、キリがありませんね。大和も頑張っている、うん。
伊藤寧々は地元岐阜で細々と活動するのかな。地方局のリポーターとかなれるといいね。頑張れ。

 

 

そんな感じ。岐阜の話が出たので、笠松競馬場から。3歳重賞・岐阜金賞が行われます。
園田から遠征してくる"トーコー軍団"が強過ぎる…。我が金沢からはケージーキンカメが参戦。脈ありな予感。

門別では、交流重賞エーデルワイス賞が行われます。今年は中央勢以上に道営勢の面子が揃っていませんね。
コパノハート離脱は(個人的にも)痛い限りです。一頭強そうなのはいますが、その他は混戦模様。

 

 

岐阜金賞
◎キーアシスト
〇トーコーガイア
▲ケージーキンカメ
△トーコーポセイドン,ノゾミダイヤ
⇒先行候補:トーコーポセイドン,ケージーキンカメ
キーアシストは中央時にダートで速い上がりを叩き出していた。出足悪く位置取り不利も、地方ダートなら。血統的にもエアジハード×バブルガムフェローと深い砂向き配合で、展開的にも末脚が活きそう。
MRO金賞組優位と見たい。トーコーポセイドンの逃げ方次第だけど、トーコーガイアが(両残り狙いで)甘やかすようなら、ケージーキンカメの機動力+末脚も活きそう。7連勝中のノゾミダイヤが強かったら諦める。

 

 

エーデルワイス賞
◎ウィッシュハピネス
〇ジュモット
ノットフォーマル
△パシコペンネッタ,ステファニーラン,フィーリンググー
⇒ハナ候補:ウィッシュハピネス,ウェディングラン,ノットフォーマル
◇基礎SP的にウィッシュハピネス先行有利。前走6馬身差快勝で上がり最速&タイムランク「B」相当。2着3着馬も勝ち上がっており、母父グランドスラムの好調時は買いかと。外枠も好感。戸崎騎手が変に構えなければ。
ジュモットは人気し過ぎ。前走も無理矢理差し脚を見せた感。外回して中央馬相手は厳しいが、ポテンシャルは高いと思う。中央勢ならノットフォーマル。ダート替わりの距離短縮で鞍上嫌われるなら。パシコペンネッタ辺りも内枠+服部戻りは狙い目。角川厩舎など、ヒモは振り回します。