『雑感』

稀に更新します。

MCS南部杯 東京ハイジャンプ 2014年 予想

 

 

乃木坂46アンダーライブの感想は後程。いや、楽しかったです。

新曲「何度目の青空か」も売上評判共に好評とのこと。生田絵梨花が戻り、グループは再活性化されそうです。このままいけば、年末の紅白出場も濃厚ですし、次世代には斎藤飛鳥や堀未央奈が控えており(年齢的は生田も同位置に)、将来も楽しみな"保守本流"アイドルグループであると言えます。
出来るなら、"勝負曲"を杉山勝彦氏に頼らない環境が欲しい。48Gと異なる制作方針が良いですね。

3連休のメイン競走は盛岡で行われる統一G1・マイルチャンピオンシップ南部杯
一見「小粒なメンバー」に見えますが、今後楽しみな馬が揃ったと言えそう。実質JBC競走の前哨戦ですし。

 

 

 

南部杯
アドマイヤロイヤル
〇ポアゾンブラック
ベストウォーリア
ナムラタイタン,キョウエイアシュラ
逃げ候補:ポアゾンブラック
⇒ポアゾンの単騎逃げが濃厚。ランドオウジやコミュニティじゃ叩くのは厳しい。中盤緩んで、末脚勝負。
☆今年もアドマイヤロイヤル先輩の力を拝借したい。東京1600m戦,盛岡&船橋同距離での好走が続いており、持ち前の末脚と地力を活かせる展開が望ましい。内枠スタートから道中上手く立ち回る。昨年の雪辱を。

☆キョウエイアシュラは前走上手く嵌まった。短い間隔で馬場に沿った動きを取れた点が大きい。今回は内枠。ベストウォーリア共々位置取り一つかなと。そのベストは外目から好位~中団が欲しい。
ナムラタイタンが勝負の連戦を迎える。ここ3戦の逃げ切りは力の差が出た印象。久々の出走で状態面を考慮しつつ、どう大外枠から立ち回るか。下手な位置取りは最後失速を招くし、後方過ぎても中央馬の餌食になる。この辺りが"差せるサウスヴィグラス産駒"のネック。正直"臨戦過程"は評価できない。後はポアゾンと。

 

 

 

エルコンドルパサーM
◎タールタン
ワイドバッハ
▲アドマイヤサガス
△アスコットシチー,ゴールスキー,サクラレグナム
逃げ候補:エーシンビートロン,アスコットシチー
⇒上記2頭に加えて、サマリーズとサクラレグナムが先行候補。時計の出る稍重馬場で、淡々と流れる想定。
☆タールタンの差し脚に期待。Tapit産駒で速い馬場は"お得意もの"。再びF.ベリー騎手とのコンビも好感で、流れに沿って鋭い末脚を活かしたい。道悪の方が走り易そうだし、砂スタートじゃない千四戦がベストと見た。
☆末脚に安定感のあるワイドバッハ。これも"同文脈"で差し込んでくるはず。アドマイヤサガスは前走勝ち馬に上手く乗られた。内枠を利したいが、この辺は鞍上次第。先行勢ならアスコットシチー。道悪のケイムホーム

 

 

 

東京ハイジャンプ
オースミムーン
エーシンホワイティ
アポロマーベリック
△メイショウヨウドウ,ケイアイドウソジン
逃げ候補:アポロマーベリック
⇒アポロの逃げ濃厚。エーシンホワイティ,オースミムーン辺りが追走して、ケイアイドウソジンと続く。
東京の障害コースは複雑な立ち回りがなく、細かい生垣と竹柵中心。水ごう障害とグリーンウォールが控える。バックストレッチの連続障害を始め、テンポよく飛越するのとシンプルなコース設定が特色と言えます。
☆平地力とスピード持続力が問われる印象。上級戦だと展開に左右される場面も…この辺が難しいですね。再びオースミムーンを本命に。東京ジャンプS大敗を喫したが、先行馬が揃わず超スロー展開。早仕掛けを試みるも不発に終わった格好。近2戦で状態は復調傾向にあるし、強い先行馬がいるのは心強い。早仕掛け勝負で。
エーシンホワイティも先行力はある。アポロマーベリックケイアイドウソジンに付いて行きたい。
いずれにせよ、アポロやメイショウは暮れの本番に向けた前哨戦。ここは無理をしないだろう。