読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

いちょうS 2014年 予想

 

 

今週から「ドクターⅩ」シーズン3が始まりました。
前回にも増した豪華キャスト。しかし濃い。
気になったのは、中尾彬西田敏行が芝居をし過ぎている。演出家が役者さんを十分コントロール出来ないと、良く発生する事案ではありますが、今回の両名は「暴走気味」に感じます。
とはいえ、主役の米倉涼子が淡白な演技をするので、間をたっぷりとる大御所役者との相性は良いのかも。
この辺も含めて注目です。

 

新設2歳重賞のいちょうS。
まぁオープン特別で1600m施行だった時代と変わる気がしないけど。

 

いちょうS
クラリティスカイ
〇サトノフラム
グァンチャーレ
△ミッキーユニバース,ネオルミエール,タケデンタイガー
逃げ想定:ミッキーユニバース,マコトダッソー
⇒ミッキーユニバースは前走の惨敗を踏まえて、緩急逃げを打つ。ここにタケデンタイガーとマコトダッソーが競り駆ける。スロー末脚勝負までは行かないものの、持続力勝負や消耗戦は考えづらい。
クラリティスカイの未勝利戦は中緩みペースを外目から進出する競馬。良い末脚を発揮して、TR「A」相当。素直に信頼できる好内容でした。血統的にも高速(持続)条件は合う。鞍上交代を含めて非常に楽しみ。
☆サトノフラムは「安田厩舎らしからぬ中間調整」を進めていた。間違いなくクラシックを意識している。それだけにリスクも大きい。まずは輸送と大外枠の対応になる。ペース対応も含めて、試金石になりそう。
☆前走北海道組のタイムや着差は気にしない方がいい。新潟のスロー最速戦も基本は参考外なのだが、ネオルミエールの上がり3F32秒8は優秀。但しペースが一気に引き上がる今回は後ろからの競馬が必至だ。

東京7R
◎ダイワレジェンド
○ソムニアシチー
▲ヴァルコイネン
内からスパーブデイが先手を取りたいが、ソムニアシチーやセイクリッドロードも前に行き、降級のイレプレイスブルも外からスタート次第で先手を奪ってきそうだ。いずれにしてもスローは必至。
緩急をつけたいソムニアシチー辺りがペースを握るか、スパーブデイが逃げるかでレースの質は変わりそう。

 

東京9R
◎マイネオーラム
マリアライト
セキショウ
ブリンカーセキショウがペースを作ることになりそう。ヤヤラーラは逃げたいだろうが、番手でも行ける。マイネやヤマニンがすぐ後ろを追走。ヘイジームーンは高速馬場で不安がある。マリアライトの競馬次第か。

 

東京10R
◎グレイスフラワー
〇ブリッジクライム
▲スーサングレート