『雑感』

稀に更新します。

某何ちゃらドラえもんの感想と14年8月19日(日)の金沢競馬予想

 

 

あまり見る気は無かったんですが…山崎貴「STAND BY ME ドラえもん」を鑑賞しました。
友人に誘われなければ見ることは無く、良い体験でした。予め書いておくと、山崎貴作品は「ジュブナイル」「リターナー」は(駄作なんだけど)好きですし「スポーツマン山田」も"馬鹿映画"としては嫌いじゃないです。逆に「三丁目の夕日」「永遠の0」は生理的に受け付けなくて。白組のVFXは頑張っていますが、肝心の物語と演出に穴が多過ぎるんですよね。その点(内容は酷くても)心意気が伝わる初期2作はまぁよろしいやん、と。

山崎作品の難点は「格好良いVFXシーンにオリジナル要素が少ない」「主人公を始め登場人物に共感できない」「思い出補正が強い」といった辺り。大抵の作品に当て嵌まり(もののけ島は未見)今回も三拍子揃ってますね。のび太は成長しない上に明るい(?)未来が確定していく。古き良き昭和の街並みは何とも嘘くさい。

原作の人気エピソード「未来の国からはるばると」「雪山のロマンス」「さようなら(帰ってきた)ドラえもん」を繋げるのは分かりますが、オリジナル要素は"蛇足"。大阪理論など、原作の欠落点を忠実に再現する必要は無いし、「雪山~」の改編は、のび太に活躍させるための要素でしかなく、24時間テレビの企画を見ている感。

クライマックスの「さよなら(帰ってきた)~」も手の加えた場面が酷くて。これで「脚本を練りに練った」とか「人間関係を丁寧に描いた」とか言われても困ります。困りますというか、意味が分からない。不快です。
白組の八木竜一監督らは"漫画のCG化"に試行錯誤されており、これは面白かった。ただ、小さい子供は怖がる様な気が。"アニメキャラの着ぐるみ"なんかもそうですが、リアル過ぎると気持ち悪くないですかね?

結局は「感動ポルノ映画」なのに「雰囲気で泣かせようとしている」ことに尽きます。良さげなエピソードで、良さげな台詞、良さげな音楽を流して、良さげな展開に帰結する。ドラえもんで泣く必要性も分かりませんが、そこは百歩(千歩)譲ります。子供たちに「手段を選ばなければ、すてきな未来がやって来る」と言いたいなら、心底不快ですし、大人として最低だと思います。そんな事を考えず、単純に泣きたい人はお薦めの映画です。

 

金沢競馬は台風が去った後も、ぐずついた天気が続いています。
日曜も"田んぼ"馬場となりました。但し火曜は晴れ予報。徐々に乾いて"内先行有利"が濃厚です。ペース次第で差しが届く。後は気温がどうなるか…とにかく変動が激しいので、馬の体調に気を配りたいところです。

 

 

2R:◎ラララ
⇒転入初戦でこれだけ走れたら。馬体重が更に減ると怖い面も出てきそう。内枠からアモロッソも行く。
サトワンエースが調子を上げてきた。こちらも馬体重は心配だが、平瀬替わりも含めて気にした。

 

4R:◎ソルティクイーン
⇒能険を見る限り、ソルティクイーンで良さげ。母ミスカンナは園田で安定した走りを見せた馬。足元は怖い。
ジグザグデギザギザやゴールドサイは発馬次第。ロックザハートは当日の気配も見たい。

 

6R:◎フレームエンゼル
⇒転入初戦になるが、これだけ先行馬がいれば差せる流れになりそう。

 

10R JRA交流能登禄剛崎:◎プラチナバディ
⇒血統的にはラヴミニスターとディープハマー。これをフェアリースマイルが差しに行く形。
この面子ならプラチナバディも通用しそう。大外枠に入るが、先行馬が競り合う様なら差し込めそう。

 

12R 冨来八朔祭り特別:◎マーベラスキング
⇒"マーベラスキング馬場"というのもあるが、条件は完全に同馬。上手く先手を奪いたい。
ガノタイトルも発馬次第。先手を奪えば、マーベラスに差されても残すことは可能だろう。