『雑感』

稀に更新します。

MRO金賞 2014 予想


金沢競馬場はサマーシーズン。ということで、変則開催中です。
この中間は雨日が無かったので、引き続き高速良馬場を想定。29日は逃げ馬が多く連対。スピードある馬を軸に据えつつ展開次第で差し決着も考えたいです。昨年ほど夏負けが見られませんが、それでもパドックは注視。
MRO金賞と言えば、かつては前日にMRO北陸放送)ラジオで同レースの展望予想をやる番組がありました。
そこで予想を展開していたのが、MROアナウンサーの重鎮・角野達洋アナと笹原忠義アナ。
笹原アナは数年前に代表取締役社長にまで出世したのですが…今年の5月に急逝されたというニュース。
非常に残念です。

 

 

MRO金賞
◎コパノサムタイム
〇ケージーキンカメ
▲クリノエスビジン
トーコーポセイドン
コパノサムタイムを狙ってみる。あくまで「漁夫の利」狙い。前走は向山牧騎手が敢えて手綱を引く競馬。我慢の競馬で成長を期待しつつ、ケージーキンカメとトーコーポセイドンの競り合い次第かと思います。

ケージーキンカメは前走を見る限り、確実にハナが欲しいトーコーポセイドンより好条件。基礎SPと切れ味は東海北陸随一と見て良さそう。最内枠クリノエビスジンも揉まれたくない様だし、逃げ楽展開を回避出来ても。しかし、東海北陸の重賞でキングカメハメハ産駒2頭が上位人気を占めるとは。この手の種牡馬産駒が来ると、他馬では中々歯が立ちませんね。セレクトセール落札馬が地方重賞を独占する日も近そうです。

 

 

1R:◎キュウコウノウ
ビビッドレッドがちゃんとやってくれれば。ヘップバーンは外々回されるのが微妙。


2R:◎ショウナンアラン
ダイワベンチャーは隊列的に勝ち切れない。金田厩舎次第だが、先行馬を見ながら楽しめそう。


3R:◎カネトシエンパシー
外枠だが安定感ある末脚。ゴーナミノリも叩いて変わりそうですが、半信半疑なので。


4R:◎ヴリルボルドー
いつもならエーブリンカーンなんですよね。馬場的にはこっちのはず。青柳が前を譲るようなら外れますが。


5R:◎パピポッポ
短縮はいいと思います。スガノギムレットを見ながら上位進出できそう。


6R:◎セイウンアネゴ
前走はアポロダイナスティがいて逃げられず、内で包まれる可哀想な競馬。逃げたら見直しは効くかなと。


7R:◎メイショウホロベツ
メンバーかなり拮抗しているので。ここでナムラタイショウとか差せる感じがしないので。外先行から。


8R:◎ゴールデンリーフ
ナンディンがスンナリ前行く様なら「漁夫の利」を狙えそう。得意の桑野3着付けです。


9R:◎マツノファイン
これも青柳単騎条件。馬場が乾いてきたら厳しいかもですが。


10R:◎ポセイドン
盤石でしょう。ロードバロックさんこんにちは。いきなりは厳しいかな。
まさかエーシンブランとロードバロックが金沢で対決する日が来るとは思いませんでした。買うなら前者。


12R:◎マックスシャルビー
距離短縮のシッチジョウチュと共にきめてに欠けますが、人気的には美味しいかなと。