『雑感』

稀に更新します。

井樋厩舎の"低空飛行"経営と7月29日(火)の金沢競馬予想

 

 

金沢競馬場の調教師リーディングを独走する金田一昌厩舎。
これを追うのが、佐藤茂厩舎と鈴木長次厩舎。旧上山競馬所属のチームです。
現在の金沢競馬は、旧北関東組(金田師,高橋俊師,菅原師)と旧上山組(佐藤茂師,鈴木長師)が成績上位を占めて、旧新潟組(鈴木正師,赤間師)が続く形。金田厩舎と佐藤厩舎以外は、特にここ数年で勢力図が変わった印象です。

 

日本国内の最年長騎乗記録&勝利記録を達成した山中利夫騎手が2年前に引退した事で、井樋厩舎の主戦の座は長らく空席でしたが、今年1月に服部大地騎手の加入が発表されました。これは所属していた蛯名厩舎の解散を受けたもので、佐藤茂厩舎から移籍して「僅か1年での再移籍」となった形です。

その井樋厩舎は見事な"低空飛行"経営を行う中堅厩舎。いつも「上手いこと稼いでるな~」と感じます。

f:id:beggaman:20170722183953j:plain

ただ、服部騎手の正式加入もあってか(?)今期の成績は例年に比べて優秀。勝利数は(昨年を)超えそうですし、2,3着数も更新の可能性があります。ただ、「馬券術に繋がる程の優秀な数字」ではないんですよね。
今年度は複勝回収率も上がっている事は上がっているんですよね。

f:id:beggaman:20170722184736j:plain

ほんの少しですが(笑)ただ、井樋厩舎は人気薄で穴をあける機会が多い。複勝4桁も珍しくありません。
山中騎手の"最後の騎乗馬"であるブライアンズメテオ。今年約2年ぶりに、2度も3着に入線していますね。
この様に押さえておきたい馬主は(株)JPN技研などの"経済馬主"ではなく、全ての所有馬を委託する小柳猛氏。
ベタ買いは出来ませんが、条件次第で可能性がある(混戦模様の)場合は2桁人気でも警戒が必要かなと。

服部大地騎手は、一部から「忍者」と呼ばれる元上山競馬所属の騎手。
上山廃止後は一時引退し、船橋で厩務員を務めた後、佐藤茂厩舎に入り再デビューを果たしました。
決して"突出した技術を持つ"などはありませんが、安易に消さない方が良いかと思います。

 

 

変則日程により"火曜だけ"の開催。週末の雨は猛暑で乾き切り、良馬場を想定しておきます。
先週は"逃げ4勝"。下級戦だと基礎SPが問われて、そのまま決まる印象ですね。逆に上級戦は差しも決まる。
引き続き"外先行馬"と"内差し馬"の取捨選択。これを参考に組み立てたいですね。

 

1R:◎ノアズドリーム
ケイティジョーイとイヴシャンテマリー組の対決。ノアズドリームは2走前落馬寸前の不利。前走見る限りコトノツヅミネとの差は僅かだが、"ニキーヤ(ゴルア)血統"的に良馬場替わりは好感。中島君の腕に期待する。

 

2R 全国選抜社会人相撲特別:◎イッセイフウビ
ベルノトライ組は引き続き"軽視"。イッセイフウビも2走前不利を受け、前走は善戦した。イヴシャンテマリーに同厩サラソウジュやベルノトライが絡んで、一角崩れる形が望ましい。好位から粘り強く走るはず。

 

3R:◎フレッシュモモ
転入馬の取捨選択。血統的にスカイコンフォートの方を取る。フレッシュモモを狙いたい。1300m戦から延長で好位を取り切れば、意外と差し脚は悪くない。同型のサムライガール,平瀬替わりシウンカフェと迷ったが。

 

4R:◎ウインドユナチャン
(厄介にも)ウエスタンマドンナの出方次第。クイニーアマンやキョウワシコウの位置取りに関わる。

というわけで、何が競っても安泰そうなウインドユナチャンから。前受けしそうな組に流します。

 

5R:◎ニシノラビッシュ
井樋厩舎×服部騎手のテンエイファルコンとニシノラビッシュ,マックスヴェロニカの先行争い。安定感があるニシノラビッシュを本命に。相手も2頭と"漁夫の利"狙う井樋厩舎のオメガジャスパとサンマルジャパン。

 

6R:◎ハイドロポリス
ここも先行馬が揃って混戦模様。まぁ配置的にハイドロポリスでしょう。相手は手広くブライアンズメテオも。

 

7R:◎アルマアダーラ
難しいメンバー。何が先行するかもわからない。ミッションコードと迷ったが、困った時の金田厩舎&吉原。

 

8R:◎ゴールドルーキー
グランラファルが昇級戦。セイウンリファインはともかく他馬よりは先行力ある。狙いは"漁夫の利"。
久々の内枠。5走前から強く推せないが、未だ末脚は衰えていない。青柳騎手替わりで変わり身を期待。

 

9R:◎ニシノオタフク
ここも先行馬が揃った。最内を上手く立ち回って、好位差しに期待。問題は位置取りだろう。

 

10R 石崎奉燈祭特別:◎イイデジャスト
面白いメンバーが揃った。シューサクオーとマーベラスキングの出方次第。中盤緩めばセレブリティトークの捲り差しが決まってしまう。イイデジャストの先行力と持久力に期待。五市2頭出しを念頭に置きつつ…。

 

11R 北陸中日花火大会特別:◎マイネルリボーン
ジョウテングレイス逃げにマイネルリボーンとケージーアメリカンの対決。枠的に前者は距離ロスを強いられる。中盤息入れば後者のどちらかが動くと見る。本命はマイネルリボーン。持続力を活かしたい。
キーパーやゴールドウォッチの"漁夫の利"差しも迷ったが、ジョウテングレイスは意外と速いから手ごわい。

 

12R 大野湊神社神幸祭特別:◎ウインスマイル
快速馬ウインスマイルと"旧北関東勢"の対決。黒木厩舎のマンリョウも好位置を狙いそう。

それでもウインスマイルが速いと見た。相手は"漁夫の利狙い"キタイセシャトルと吉原騎乗ステージナーヴ。