『雑感』

稀に更新します。

金沢1700m戦を考える~百万石賞2014年 予想~

 

 


主に上級条件のメインR前後で設定される金沢1700m戦。
数少ない中長距離番組。さぞかし出走馬が殺到する…と思いきや、そうでもなくて。

フルゲート12頭のうち「9~10頭立て」が平均といった感じ。特にA1級(最上級)だと重賞以外集まりませんね。以前は1900m戦も上級条件を中心に組まれていましたが、殆ど頭数が集まらず、今は"絶滅寸前"の状態。
スタート地点は"3角奥ポケット"。直ぐに4角を迎えるため、外枠勢は位置取りで苦労すると言われています。逆に内枠勢は下手に発馬を決めると、ハナに立たざるを得なくなる。結果、緩いペースになり易いです。

序盤・数百mで隊列が決まる事から、発馬⇒主張⇒コーナリングの流れは"デリケート"な印象。最初のハロン棒が見えた辺りで曲がる体勢を取る必要(手綱を引くなど)があり、後発した場合は位置取りの巻き返しは難しい。加えて"少頭数"だと、密集馬群の状態で操縦を余儀なくされる。地方特有の癖馬では騎乗に苦労します。
コーナリングコーナリング後に騎手が横や後ろをチラチラと見るのは、このため。旧浦和4角や三条4角ほどではありませんが、湿ると滑り易く、下手に展開(ペース)を乱せない。結果的に騎手同士の"忖度"が発生する。

 

これを「八〇長」と決めつける人もいる様ですが…まぁ単純に「鈍感」なだけ。
但し、そうした条件で競走馬や騎手は成長するのだろうか。山口瞳先生の「草競馬放浪記」に登場する三条競馬の下りではありませんが、"競馬力"の幅が広がらないし、過敏になり過ぎて"消極的な結果"を生みかねない。
当然この条件を利用した「消極策」や、向正面前での「早仕掛け」が増える。競馬のパターン化。
オッズにも影響してくる。売上的にJRAよりオッズ変動が激しい地方で、関係者は儲けようとする。目の肥えたファンも同じような馬券を買う(金沢の客は玄人感無いが)。"
玩具みたいな競馬場"に相当しないだろうか。

近代競馬において経済的な視点は重要ですが、未だ情緒的なファンは(ロマン派)少なくないわけで、下手に彼らを置き去りにすると「ヘイト」や「感情の劣化」に繋がる可能性が高い…現代社会の問題にも通じますね。

宮台真司っぽい話ですし、検証してみないことには暴けませんが。
競馬ファン内の"保守層"の劣化が、昨今の2ch競馬版などに蔓延る"ヘイト層"に通じると僕は推測しています。
日本における保守思想の考え方は政治的(憲法改正など)、経済的(増減税,資本ゲーム)、宗教的(天皇,旧価値観)に分類できますが、競馬も政治的、経済的、宗教的に大半の考え方を分類できますね。

金沢の場合は、(実質的,思考的双方で)経済的に貧しい層と宗教的に偏った層が、政治的に比較的「正論な主張」を都合よく利用解釈し、本来問われるべき(主催者側・競馬関係者側が"反省"と"自重"すべき)問題が有耶無耶になってしまい、結局は第三者の印象を悪化させるだけという、負の連鎖に繋がっていると考えられます。 

競馬を巡る問題は廃止騒動も含めて「感情的な問題」になり易く、春木や北関東や上山や福山もそうでした。
当然、主催者側と競馬関係者側は目先の経営や儲けに捉われず、真剣に向き合って欲しい。
それと同時にファンも「肥えた目」を持つ努力をすべき。リテラシーとインテリジェンスが欲しい。

これに尽きるのかなと思いますし、それは競馬の輪を広げるために重要なワードではないかと感じます。

 

そんな話ばかりしてもアレなんで、金沢1700戦に関する近3年のデータを。f:id:beggaman:20170727123619j:plainf:id:beggaman:20170727142400j:plain

 圧倒的に「逃げ・先行有利」と見るか、「意外と差しが決まる」と見るか。
例えば「2,3着に差しが多い」という見方は出来ますね。他にも「(差し馬が勝った時の)逃げ馬の成績」またはその逆。この辺りは別にデータが必要となるので、今後調べてみたいと思います。後は"鬼門の"外枠成績。

f:id:beggaman:20170727142919j:plain

これも重要なのは展開と位置取り。外枠の方がスンナリ先行出来るケースもある。
但し、外枠で勝った馬の大半が差し・追い込み馬でした。厩舎も金田師や佐藤茂師が多かった。

また「外枠が悪い=内枠が良い」訳でもない。金沢競馬は(馬場によって)内の立ち回り方が重要になりますが、必ずしも馬場の内が良い訳ではありません。むしろ良くない時も多々ある。馬による巧拙の差も出てくる。
何となく佐藤茂厩舎は"外意識"が強いですね。吉田晃も葛山も外使いを多用する。
逆に吉原や米倉や沖は、ここぞの場面で内を使う。特に吉原と米倉は渡辺壮元騎手の影響が大きそうです。
そんな感じで、金沢1700m戦が組まれた際は1500m戦とは別物で考えましょうというお話でした。

 

 

 

金沢競馬は"春の大一番"百万石賞を迎えます。ジャンスマ不在の中、ナムラダイキチの復活なるか?

 

 

 

百万石賞
◎セイカアレグロ
〇ナムラダイキチ
マイネルリボーン
△シーズザゴールド,ミカワジェイド
前列想定:セイカアレグロ,ナムラダイキチ
⇒セイカアレグロが最内。ポンと出れば先手は間違いない。休養明け2走目のナムラダイキチは様子を見ながら好位を追走。シーズザゴールドも米倉騎手なら発馬次第で締めに掛かりそう。後は転入3走目ハイタッチ。
中盤緩んで…ナムラダイキチとシーズザゴールドの動き次第。セイカは極限まで息を入れたいだろうし、ナムラダイキチも脚部不安の手前強く押してはいけない。何ならミカワジェイドが仕掛ける可能性も有り得る。

☆セイカアレグロを本命に置きたい。週中の雨は内から乾くだろうし、持ち味の基礎SPで先手を取り切るのは必定。ナムラやパープルキングが番手を取るなら中盤息入れやすいはず。展開頼みだが、上手く誤魔化したい。
ナムラダイキチは足元との戦い。セイカを遊ばせても(アクシデントが無い限り)馬券を外す確率は低いし、多少湿った馬場でも、昨年と同じ競馬が出来るか。マイネルリボーンも展開一つで"漁夫の利"狙える。
シーズザゴールドは序盤にダイキチより前を取り切ると面白そう。ミカワジェイドも緩い地点で先に動けば。

 

 

門別町特産軟白長ネギ特別:◎マーベラスキング
⇒準メインで2100m戦は珍しい。そして、安定の少頭数。乾きかけの馬場も相まって、マーベラスキングが力量を発揮する。問題は転入初戦のダブルスパーク。元は短距離馬。道中余計な横槍を入れてきそうな感じ。

 

門別町特産グリーンアスパラ賞:◎マインユアーズ
高速気味の条件だと、マインユアーズがローエングリン産駒の持ち味を生かす。問題は内枠の出方か。
波乱があるとすれば、キタイセシャトルの差し込み。追走面が課題で、乾いた馬場が条件となる。