『雑感』

稀に更新します。

東京ダービー14年の回顧ととかちダービー予想

 

 

東京ダービーハッピースプリントの完勝に終わりました。

好位追走から、極限まで仕掛けを待つ競馬。鋭い末脚を使えていましたが、やはり距離不安は否めないですね。2着スマイルピースも(自分が)考えられる上で、ベストな競馬を見せてくれました。楢崎騎手の発馬と位置取りセンスは流石。サーモピレーは基礎SPと馬場の恩恵で上手く粘り通した感。後方待機勢には分が悪かった。
勝ったハッピースプリント。次走JDDはともかく、秋は南部杯(左回り短縮)を使って欲しいですね。

それにしても、現3歳世代は門別・南関競馬の有り方に一石を投じました。中でも非社台G生産馬の巻き返し、イヤリング時の育成(牧場,厩舎)、2歳時の坂路調教とローテーション。どう将来の飛躍に繋がるのか。

ハッピースプリントは能力試験で目立った時計を出していない。育成時から跨る宮崎光行騎手の育て方(騎乗戦術)も重要だったかなと。田中淳司厩舎から森下淳平厩舎に引き継がれて、本番前には好位差しも板についた。昨年の段階で、門別坂路の課題は"気性面"と"消耗度"でした。前向き過ぎて、距離が持たない馬も続出。
今後更に育成力は向上しそう。大手生産者の巻き返しも期待出来ますし、道営デビュー馬の観察は重要ですね。

東京ダービーといえば、的場文男騎手は残念でした。来年こそ、お手馬に恵まれますように。

 

 

帯広競馬場では(OP)とかちダービーが行われるので、久々にばんえいの予想を。
ハクタイホウとホクショウマサルの対決。とかち皐月賞に比べて、雨の影響が大きく左右しそうですね。
基礎SP面で優位(そう)なハクタイホウとオオゾラシンスケが先手を奪う。これを見ながら、ホクショウマサルにカイシンゲキと続く。大外に入ったハクタイホウは戦い方が難しい(内枠で揉まれるよりは良さげ)。
ホクショウマサルは近2走重い馬場で最後の踏ん張りが効いていない。馬体重も減り続けており、暫く間隔を開けて回復を期待。重量戦に変わるのも良さそう。ホクショウメジャーも捲り差したい馬だが、最後踏ん張り効くかは分からない。前走は仕込み。オオゾラシンスケは速い馬場が合いそう。但し脚質と気性面に不安を感じる。
カイシンゲキは斤量が重くなり、上手く差し込めるか。アサヒメイゲツは最内枠に入ったのが痛い分、印下げ。

 

とかちダービー
◎ホクショウマサル
〇ハクタイホウ
▲ホクショウメジャー
△カイシンゲキ,オオゾラシンスケ