『雑感』

稀に更新します。

東京ダービー 2014年 予想

 

 

優駿スプリントTRを制したのは、ファスリエフ産駒の圧倒的1番人気・アピアでした。

好スタートから先頭を奪い切り、そのまま逃げ切って4馬身差の圧勝。実力が抜けていたとしか言いようがありませんね。これで"7戦6勝"。唯一敗れたのが、内回りマイル戦という(千四以下では無敗)。母父がアグネスタキオンで、母系を辿るとダイオライト×第参アストラル(カブトヤマの半妹)の名前が。
とにかく雄大な馬体。筋肉量が凄いです。全身を使って走れるし、成長の余地もある(顔も可愛い)。後は使い詰めて気性面が暴発しないか否か。御神本騎手が騎乗する分には安心感ありますけどね。

それにしても、外厩・ミッドウェイFの"英才教育"を受けた競走馬の(南関における)成績は良いです。
名門・奥平真治厩舎でメジロアルダンレオダーバンを担当した宮崎利男氏が率いる"職人集団"。美浦近郊だとミホ分場,ジョイナスF,ブルーSに次いで(同じくらい)関東馬外厩先として知られています。ゼンノロブロイマグナーテンなどのJRA所属馬(主に美浦)が短期放牧に使用し、南関の"名門"川島正厩舎と出川龍厩舎も贔屓にしていました。現在は内田,岡林,渡邊,藤田,八木仁などの南関リーディング上位厩舎が、協力体制にあります。
徹底した育成・調整方針と技術に加えて、調教施設もWCの敷き詰められた全長800mの坂路コース(勾配率3.5%)に走行マシン。"馬優先主義"の藤沢和厩舎に欠かせない「放牧先でのケア」が実現。

以前は川島厩舎でフリオーソ(初期)やシーチャリオットを担当していた元NZ調教師のクリス・モル氏が、場長を務めていたはず(現:クリスモルステーブル代表)。現在は宮崎場長自ら指揮を執ります。所有馬も重賞戦線で活躍し、特に9歳馬ツクバチャームは長い時間をかけて、OP級に育ちました。
今や外厩&個人ステーブルが乱立する時代。育成・調製施設界の競走も激しくなる中で、益々淘汰が行われるでしょう。アピアの活躍で、地方外厩の更なる飛躍と発展が期待出来そうです。

 

というわけで、2014年も大井競馬は「東京ダービー」を迎えます。的場文騎手はワタリキングオー。
今年は"一強ムード"。但しハッピースプリント以下は混戦で、一筋繩には決まらなさそうです。

 

 

東京ダービー
◎ファイヤープリンス
ハッピースプリント
▲スマイルピース
△サーモピレー,ドバイエキスプレス,ドラゴンエアル
前列想定:エスティドゥーラ,サーモピレー
⇒"一矢報いたい"小久保厩舎が隊列を握りたい感じ。最内サーモピレーは控えに回すかも。
☆いずれにせよ、ハッピースプリントの出方次第。仕掛けのタイミングが重要になる。吉原騎手が先に動くか、後続を待つか。この面子なら後者を選ぶ可能性は高い。今の大井は「差し辛い」馬場。

本命はファイヤープリンス。前走は中団から末脚を使い7着。4走前は高速条件で機動力&持続力を発揮した。同じ厩舎のエスティドゥーラとパンパカパーティが隊列を作り、ハッピースプリントが潰したところを"漁夫の利"で差す。見澤騎手ならロス無く立ち回れそうだし、ある程度の位置は取りたい。

ハッピースプリントは外的問題が起きない限り、負ける可能性は低そう。外からスンナリ好位置に取り付けて、後は仕掛けのタイミング。差し辛い馬場を考えると、あまり余裕を持って構えたくないが。
スマイルピースは本命に迷った。別路線で前述のアピア,レガルスイ,ダンスパフォーマーを撃破。前目で長く末脚を使える。好調続く楢崎騎手の位置取りセンスとハッピーが余裕を持ち過ぎる展開に期待。

サーモピレーは外枠or御神本騎手継続なら考えた。基礎SPは高いし、ハッピーと喧嘩せず&妥協しなければ。ドバイエキスプレスは"一列後ろっぽい"想定。共に展開次第でしょう。ドラゴンエアル、ワタリキングオーは位置取り的に不利になりそう。能力的には足りても良いが。

 

そんな感じで。ハッピースプリントは秋以降も楽しみですね。個人的には南部杯参戦を希望。
最終的には"マイル前後"が主戦場になるはず。角居厩舎の影響を受ける森下厩舎なら楽しみです。吉原騎手も大きなレースを一つ獲れたら、弾みになりそうですしね。

※お昼にファイヤープリンスが除外。これは困った…。とはいえ、予想傾向は変わらず。
ハッピースプリント〇スマイルピース▲サーモピレー△ドバイエキスプレス,ドラゴンエアル,ブラックヘブン