読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

フランスダービー 2014 を考える

 

大学の授業の合間に。少し時間が空いたので…ジョッケルブをサクッと展望。

 

 

Prix du Jockey Club(フランスダービー
 ※はたぶん乗り替わりの馬。

 

f:id:beggaman:20161015191311j:plain

 

ハリケーンラン産駒のアンテルナシオナル(2歳チャンピオン)馬エコットが怪我で離脱。ステークス組の動向は不透明ですが…まぁリライアブルマン的な酷い面子にはならないはず。

基本線は「プーラン組」と「グレフュール賞の1、2着馬」+αかなと。

心情的にもカラコンティーを応援したいですが、シャンティで逃げ切る血統ではありません。グレフュール賞組だとファーブル師はアーンショーに自信を抱いている様子ですね。メダグリアドーロ産駒だけど。

カラコンティーとアーンショーが筆頭候補。それ以外は混戦模様ではないでしょうか。もう騎手買いですね。

 

出馬表も出ていないので。ここからは閑話。

 

フランス競馬を考える上でロンシャン競馬場シャンティイ競馬場の攻略は重要です。

ロンシャン競馬場は長くて険しい直線と高低差が特徴。どうしてもフォルスストレートの方に目は行きますが、直線のタフさと道中のアップダウンこそ日本馬にとっての「最大の敵」である事は明白です。

一方、シャンティイ競馬場は襷コースが特徴。ジョッケルブはスタート地点が完全に「新潟千直」で位置取りが重要です。高低差と長い直線はロンシャン同様ですが、芝がドライで時に「高速馬場」化します。

こうしてみるとシャンティイ競馬場の方が日本馬向きに見えます。しかし、堅い馬場でロンシャン同様のパワーが求められる訳です。サンデーサイレンス産駒亡き今、非根幹中長距離でも敵なしのダービー馬なんて出現するのでしょうか…あ、オルフェーヴルか。

凱旋門賞に拘るオルフェーヴルですが、これは結局「国内向け」なんですよね。他にも良いG1はいっぱいある。凱旋門賞ブランドに弱い日本人。いい加減何とかしないと…ガラパゴス化は避けられない気がします。

極端な話、凱旋門賞ナカヤマフェスタで戦えるレース。適性のある馬を最高の状態で持っていくプロセスが鍵を握ります。決して帯同馬や調教施設だけの問題ではありません。それに意味はあるのか…と。

海外遠征は大変な負担がかかります。それでいて結果を残す必要がある。それなら身の丈に合った、少なくとも適性を見いだせる大レースを狙う方が良くありませんか?もっとアメリカ遠征とか増えても…ねぇ。