『雑感』

稀に更新します。

さきたま杯を考える。

 

さきたま杯を考えます。

 


雨上がりの浦和ですが、馬場に「大きな変動は無し」と推測。

速い時計が出る先行馬有利。中途半端な位置取りだと勝負所で差を詰められず、最後精彩を欠くのが特徴です。買う馬は限られているため、馬券の組み合わせが重要になってきます。カギを握るのは内2頭。

セイクリムズンはナイキマドリードに行かれると厄介。逆もまた然り。岩田騎手は自分から出す競馬は避けたいでしょうし、正太郎くんも強引に行きたくないはず。故にセイントメモリーが楽に先手を取れそうです。


さきたま杯
◎セイントメモリー
セイクリムズン
ノーザンリバー
△ナイキマドリードダノンカモン、トキノエクセレン
オーバルスプリントの内容が大変強かったセイントメモリー。とにかくデキ次第です。叩き2走目になりますが、気配が良ければ位置取りと結果は付いてくる馬。特にセイとナイキが牽制し合う流れは歓迎です。

「ミスター高速ダート」ことノーザンリバーさん。雨で地が重くならない浦和は無問題でしょう。位置取りで不安あるのがダノンカモン。そうなると相手はセイクリムズンで磐石でしょう。ナイキマドリードも当然ですが、問題はトキノエクセレント。普通は過剰人気でコケるパターンなんですけどね…それでも前走の強い競馬を考えると…見澤騎手の本気も見たいですしね。 

 


今日は門別競馬も行われます。砂厚調節はそんなに気にしなくてもいいですよね?

話題にもなっていますが、服部騎手の今シーズンの成績が良くない。過剰人気の馬も多いですけどね。
フレッシュチャレンジ競走ですが、パーティメーカーに期待しています。エンターザスフィアの方がフィーチャーされがちですが、そもそも山口ステーブルではこの仔の方を注目していた身なのでね。