『雑感』

稀に更新します。

うずまきのお話。

 

 

高校受験を控え始めた頃から、漫画との距離が生まれ始めました。
幼稚園の年長で月刊コロコロコミック。(小学校)低学年で週刊少年ジャンプ週刊少年サンデー。小学校高学年で週刊ヤングマガジン週刊モーニングと。以前は生活習慣に漫画の入り込む余地がありました。それが、ある日を境に殆ど手に取らなくなりました。本屋さんで単行本コーナーを物色する行動も減り、明確な理由はないけど"疎遠の訪れ"を迎えてしまいました。

新しい生活を始めるため、"それまでの習慣を棄てる"という考え方があります。これに近いのかもしれません。時が経てば、そのうち漫画と和解する日は来るのかもしれないです。

何気ない会話の中で「好きな漫画のキャラクターは?」と聞かれ、答えに詰まってしまいます。少年漫画に自分の人生哲学を求めることもないし、むしろ反面教師にしています。
とりわけ、昨今の特殊能力を多用し過ぎる主人公には共感できない。屈強な精神論も苦手です。

ただ、"好きな女性キャラクター"がいます。「うずまき」の主人公・五島桐絵です。
ホラー漫画界を代表する伊藤潤二。奇怪な造形や恐怖表現も素晴らしいですが、伊藤作品に登場する女性は美しいのです。絶世の美女にして、不死の身体を持つ性悪女・川上富江がその代表格。
バラバラに解体されても、決して血生臭さを感じさせない。不思議なアイドル性を持っています。

五島桐絵は怪物ではなく、純粋な女性です。最後は容易に不条理を受け入れてしまいます。
"うずまき"は逃れられない"死"を意味します。桐絵を愛する男性・秀一は、頻りに"うずまき"が支配する町からの脱出を提案しますが、結局逃れることは出来ませんでした(選ばなかった)。その上で(流れに身を任せる中で)何を重要視するか。この辺りは、息苦しい人間社会との共通点も伺えます。

不条理なホラー作品は易々と建設的な答えを見い出しません。それでも、絶望に陥らない希望が一筋あります。芸術性の高い"うずまき"描写と美しい桐絵の姿を是非見て欲しいです。

 

 

映画「うずまき」はHiguchinsky監督のカルト映画。決してお薦めは出来ない。

youtu.be 初音映莉子が可愛い。演技なんて出来なくていいんだ。雰囲気があれば。

大杉漣の"うずまき"に魅了された演技が恐ろしい。阿部サダヲ手塚とおるの怪演にも注目したい。
ヒトマイマイの動きやVFXを用いた"うずまき"表現は(この時代を考えると)悪くない。

 

東宝怪奇特撮シリーズの「マタンゴ

youtu.be 水野久美の美しさ(というより、エロさ)。これを小学生で見た自分がいる。

同作は「うずまき」と異なるクライマックス(選択しなかったクライマックス)と言えるかもしれない。
享楽に傾くことの恐ろしさ。愛のないセックス。違和感の正体は間違いないのかもしれない。