読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

平和賞 2014

 


AKB48の新曲『希望的リフレイン』を視聴しました。

なるほど『Only today』を意識したような楽曲ですね。「神曲時代」を意識した点が好評なのも分かります。サビ辺りは物足りない感じ(特に中盤~後半)もしますが、この辺は「保守的」な所以かもしれません。

AKB48の歌唱面を良くも悪くも牽引してきたのは高橋みなみさんでしょう。音楽番組で音の伸び足りない部分を時に補い、時に邪魔ながらも、なくてはならない存在だと言えます。彼女が抜けた後のAKB48の歌唱スタイルはどうなってしまうのか。後継選抜メンバーに歌唱力というタイプは見当たらないだけに…少し不安ですね。

AKBに限らず、歌唱面で不安のあるアイドルグループが増えました。「全力で歌う」理念のグループの裏には綿密な楽曲力があります。選出方法の問題等から「保守的」になりがちな48Gの楽曲。非常に心配です。

 

水曜メインは平和賞。キンノライチョウVSフリオーソがつい最近の出来事に感じます…もう10年前ですか。残念ながら、今年の地方2歳勢は昨年ほど目立った印象がありません。混戦模様ですね。

馬場ですが、比較的フラットな高速持続馬場を想定しています。

⇒直線は内を使う事が難しい。(外差し入れ食い馬場でもない)

⇒「逃げor外2、外3」好位置。基礎SP+4角~直線序盤で後続を突き離せる末脚。短距離戦でも差せる。

上級戦ほど持続力が問われ、中盤弛めた場合も後方待機馬が追走し易くなり、先行馬は上位を除いて苦戦傾向に感じます。人気薄なら差し馬、とりわけ持続(スタミナではない)血統を狙いたいです。

 

平和賞
◎ウインバローラス
〇ナイキアフォード
▲ジャジャウマナラシ
△コンドルダンス、ストゥディウム、ドライヴシャフト

ジャジャウマナラシが行くのか、馬群に包まれたくない内枠の2頭が行くのか、あるいはドライヴシャフトか。いずれにしても序盤~中盤は緩む気がしない。最後3Fはバテ差し決着まで想定します。

 

本命はウインバローラス。岡田総帥のセール購入馬。血統面からも砂向き地力型と推測。前走は重馬場の中ペースも流れ、内枠不利にも泣きました。今回は外枠。ラスト1Fの差し込みに期待します。

ナイキアフォードは前走「逃した魚」感が拭えません。昨年度と比較しても、勝ち時計&ペースは評価出来ず。更に今回は最内枠。強気に先行する必要があり、基礎SPの不安が露呈する可能性があります。

ジャジャウマナラシは「今年の南関2歳勢の指標となる」馬。主要3場で水準超えの時計を出しており、他馬との良い基準になります。今回は先行馬が多い上に条件も厳しく、外枠替わり、勝ち切るのは難しい印象ですが、まぁ大負けは無さそうです。左海騎手の選んだフラットライナーズより道中の注文も少ないはずです。

コンドルダンスは文男騎手を鞍上にゴーノムラダイオーを撃破。大外枠&距離延長は気になるが、得意の形に持ち込んで粘り込みたい所。ドライヴシャフトは転入初戦&距離延長に半信半疑です。気性面に不安&荒山厩舎なので良化は来年以降かと。前走は快速馬コールサインゼロを抑えての優勝。道中緩急が入れば残り目ありそうですが。それならばストゥディウム。前者は今の馬場だと2,3着に追い込んできそうです。