『雑感』

稀に更新します。

金沢競馬 2014年 開幕週

 

 


2014年度の金沢競馬が開幕。今年度も宜しくお願い致します。

といっても、2013年度の最終週なんですけどね。早速の3日間開催は「クラス編成」に大きな変更が。
A級(選抜)と3歳戦は従来通りですが、B1~B4クラスは「B1クラス」と「B2クラス」に統合されてます。
C1~C4クラスは「C1クラス」と「C2クラス」に統合。細かい(面倒臭い)表記が改善されていますね。
レースのマンネリ化や頭数不足にも改善が見られそう。力差が明確になる分、予想も立て易くなるか。

騎手と調教師の入れ替わりも。安部竜司騎手、小原典夫調教師、蛯名弘調教師が引退となりました。中でもミスタールドルフに騎乗していた安部騎手。公式発表も、引退式も行われない状況は何とも残念です。

一方、8年ぶりに池田敦騎手が現役復帰。期待の新人・中島龍也騎手も(次開催から)デビューしますね。池田騎手は故・黒沢四郎調教師の元で腕を磨くも、マッサージ師に転身。それでも競馬界に戻り、復帰を果たしました。中島騎手は競馬学校時代から腕利きと評判で「南関よりも勝ち鞍を稼げる」金沢競馬を自ら志願したとか。吉原騎手のJRA移籍が噂される中、その腕前に注目が集まります。

 

もう一つ気になる出来事が。

昨年末を以て、リーディング首位・金田一昌厩舎から「河崎五市氏の所有馬」が消えました。
昨年の夏に加藤和義厩舎が開業したことで、サミットストーンを始めとする河崎氏の有力馬は続々と移籍し活躍。今回、金田厩舎に残っていたボーンストーンなども全て加藤義厩舎に移りました(一部抹消)。

同厩舎の"実質メインステーブル化"は決定的となりましたね。今後の動向にも注目が集まります。

 

河崎氏は金沢競馬場を取り巻く八百長問題の槍玉に挙げられる馬主。とはいえ、この問題は複雑。問題を提起する側も「ジェイフォース事件」を一緒くたに報じるなど、その姿勢は疑問視しています。
なお、引き続き金田厩舎にはジャングルスマイルを始めとする有力馬が揃い踏み。成績は安泰でしょう。

その他ですが…例年通り「遠征馬」と「転入・転厩馬」の取捨選択に注意したいですね。 

⇒今年は福山競馬が廃止されたことなどもあり、遠征馬の数が少ない。

⇒金沢は例年よりも積雪が少なく、2月から乗り込んでいる厩舎が少なくない。

⇒今春は降雨は続いている。平日に行われた能検は不良馬場で施行。高速適正を見極めたい。

 

そんな感じで。開幕週の馬場は「逃げ・先行脚質の優位」に変わり無さそうです。

 

 

1R:◎ブラックミルキー
池田騎手をいきなり本命に。背タレのアポロダイナスティが逃げ濃厚。基礎SP自体は差がない。この2頭で良さそう。基礎SPで劣るウインドキララの差し込みと好発すればエトワールロゼも注意したい。

 

2R:◎ベイヒロイン
混戦のメンバー。タイムトラベラーが先行するとは思うが、信用度は薄い。状態面を考慮して買いたい。ベイヒロインは奥厩舎×青柳で勝負気配。

 

3R:◎サムライワンダー
サムライワンダーの方が先行馬として優秀。休み明けは気性面を考慮すると悪くないのでは?良馬場の方が基礎SPを活かせるはず。アキレウスも良い馬だが、ある程度のポジションを取り切らないと逆転は難しいそう。エイシンスバルボシは様子見。

 

4R:◎ダテノソコヂカラ
オオトリハシャが人気になりそうなレース。ダテノソコヂカラは転入して一戦しか使えてないが、この面子なら十分戦える。後は転入馬を中心に。最内トーアディアマンテよりもコスモディクタットを重視。

 

5R:◎ウエスタンマドンナ
先行馬不在。初日から伍市×沖を本命にするとは。前走・出遅れから後方追走でも上がり最速を叩き出した。降級マンドリーカは追走出来れば。トミケンリジョイス以下は勝ち味に欠ける。消去法です。

 

6R:◎ローレルレヴァータ
チロエは持ち時計を考えても…大敗は八百長でも何でもないでしょう。もう少しファンも目が肥えて欲しい。そんな感じで降級して何処まで。ローレルレヴァータもC2降級。1400mは短すぎる。

 

7R:◎オクターヴ
ここも「何が逃げるか」想像がつかない。前残り決着は考えている。サムライガール辺りは苦しい競馬になると思うのだが…とはいえティアラフォンテンやパープルシャインまで差してくる馬場の自信はない。

 

8R:◎セイウンリファイン
⇒園田遠征で結果を残したセイウンが1頭抜けている。こういうレースはヒモで狙いたい。

 

9R
◎ジョウテンホープ
〇フブキサクラコ
▲ウインドエーデル
ミストラルシャワー、ハコダテイチバン
ジョウテンホープは内ポケットを使いたい。この面子なら通用する。7連勝中のミストラルシャワーは格上挑戦。すんなり好位を取れたら強いが、如何せん先行狙いの馬は多く見受ける。その辺が如何か。

 

10R
◎イチエイオウジ
〇キングバンブー
▲ビックフット
ケセランパサラン、リジカーレ、シンカンチカコ
年々出遅れ癖が酷くなっているキングバンブー。このレースは前が止まる可能性も頭に入れたい。イチエイオウジは園田遠征で惨敗も、ここなら力上位。勝ち負けはともかく、最後確実に差してくると予想。

 

 

11R
◎ラバーフロー
〇ルールゴールド
▲バンブトンカツ
△ジョウテングレイス、オーミフォレスト、ボーラキアーラ
転入馬は信用し辛いので消し。昨年後半に上昇を遂げたルールゴールドは、中間の攻め馬良好。それでも本命にはラバーフローを推す。あくまで3着候補だが、ここは人気の盲点になりそうだし、積極的に狙いたい。

 

12R
◎カイカセンゲン
〇ゴールデンリーフ
▲ターンベリー
△ムーンテンダー、パープルヘイロー
ターンベリーが降級。でも距離長そう。ムーンテンダーが早いと思う。藤田鞍上の外2カイカセンゲン優位と見た。ゴールデンリーフは良馬場の方がいい。パープルヘイローは正念場、逃げてどこまで。

 

初日はこんな感じで。
メンバー的にも面白いので、割と頑張ります。