『雑感』

稀に更新します。

マクトゥームCラウンド2と首1000ギニー14年 予想

 

 

3日に名優フィリップ・シーモア・ホフマンの訃報が。非常に残念です。

05年「カポーティ」で、アカデミー主演男優賞ゴールデングローブ賞を受賞。その後も様々な個性的な役で注目を集めた他、近年はハンガーゲームと言った娯楽作品にも出演。正にバイプレーヤーと言った感じでした。
先日公開された「ザ・マスター」では新興宗教団体サイエントロジーの教祖役を怪演。
ジョン・ル・カレ原作「誰よりも狙われた男」ではドイツの国際捜査官役を公演していましたね。

 


2月に入り、メイダン開催もマクトゥームCのラウンド2を迎えます。

お馴染みの面子に加え、豪G1馬ドゥーナデンが出走。ちなみに今夜はUAE1000ギニーもありまっせ。
そのドゥーナデンに騎乗予定だったJ.スペンサーは、先日28歳の若さで急逝した英国の女性オーナーブリーダーであるR.スターク女史の葬儀に出席するため騎乗キャンセル。若手騎手のH.ベントレーに変更となっています。
同じく騎乗キャンセルのイルミネーティングドリーム(首1000ギニー)は未だ発表されていません。

 

 

Al Maktoum Challenge R2 Empowered By IPIC (Group 2)

f:id:beggaman:20170728205926j:plain

 

ドゥーナデンの他、13年英クラシックを盛り上げたバトルオブマレンゴが移籍初戦。鞍上もジョセフ坊ちゃんからデットーリに。ハンターズライトも今シーズン初戦。鞍上が今季契約のビュイックに変更となります。
強豪アフリカンストーリー,プリンスビショップを含めて、ゴドルフィンは(マジッド殿下の所有馬を含めて)7頭出し。その内バルザローナが騎乗するアルティジャーノは、旧アル・ザルーニ師管理馬で約1年振りの実戦。

エンパイアストームが逃げそう。ゴドルフィン勢も前に行きたいが、プリンスビショップとドゥーナデンは後ろから。今開催のメイダンは、前が早くなれば差しが届きます。後はオールフェザー適性の問題…ですかね。

ファーブル厩舎から新鋭アップルビー調教師に転厩したプリンスビショップ。昨年はシーマクラシックを使い、故・聖アビーやジェンティルドンナ相手に惨敗。その後G3セプテンバーSを勝利し、体勢を立て直して迎えた今年は、キッチリ結果を残してWCデーに進みたい。鞍上には"天才"K.ファロン。これも楽しみです。

昨年末のドバイクリークマイルを制したサーファー。昨年はR2で2着⇒R3で4着⇒ゴドルフィンMで6着と綺麗に(?)着順を落としたが、ここは侮れない。J.ドイル騎手を起用するインタープリトは、前走準重賞を優勝し、格上挑戦。最内ザヒーは前走快勝。この2頭は内で脚を溜めて、直線前が開けば上位に食らいつくことも可能。

 

そんな感じで…Al Maktoum Challenge R2
◎プリンスビショップ〇サーファー▲ハンターズライト
△ドゥーナデン,ザヒー,インタープリト,アルティジャーノ

 

 


UAE 1000 Guineas Sponsored By Nova, An IPIC Empowered Company (Fillies' Listed)

f:id:beggaman:20170728213714j:plain

ゴドルフィン有力2頭の一騎打ちムード。シャマダール産駒のイーティマールは英フィリーズMで1番人気をマンマークした分、勝ち馬にやられた。休養明け初戦で、鞍上もデソウサ。オールフェザー適性と左回りが課題か。ウェディングリングはスイートソレラSでイーディマールに完敗も、その後2歳特別戦を連勝。前走はスタートで出負けするも、後方待機策から直線一気の脚でマグルーマをねじ伏せた。末脚はこちらの方が楽しみ。

もちろん先行して粘り込みを図るマグルーマやレターオブアメリカも押さえておきたい。
メンソーラは前走完敗も古馬相手に良い経験が出来たはず。ここなら掲示板内は狙えそうだが。
そんな感じで…

 

UAE 1000 Guineas
◎ウェディングソング〇イーディマール▲マグルーマ△9,10