読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

ドバイへの道~ドバウィステークス~

 

 

マクトゥームCR1はシュラックの優勝。ファロンのゆったりした逃げを見計らった差し。スティーラーが休み明けでもしっかり走れていた。次走は更なる良化が期待できそう。今夜はリスデット競走のドバウィステークス。

 

 

Dubawi Stakes Sponsored By Dubai Duty Free Full Of Surprises (Listed)

ヒッチェンス(デソウサ) 2011年G1ジュライカップ3着

クリプトンファクター(ファロン) 2012年G1ドバイゴールデンシャヒーン優勝

レイナルドジウィザード(ミュレン) 昨年G1ドバイゴールデンシャヒーン優勝

ラフィージ(オニール) 5歳上がり馬。初重賞挑戦。

カヴァナー(スミヨン) 昨年G1クリスフライヤー国際スプリント5着

ロシアンソウル(フォレー) 昨年G3ルネサンスステークス優勝

バルモンマスト(ビュイック) 昨年G1ドバイゴールデンシャヒーン2着

ファームリーハウス(マッカラ) 昨年G3ルネサンスステークス3着

ユナイテッドカラー(ドイル) 昨年G1ドバイゴールデンシャヒーン5着

☆昨年まではデューティフリー賞と特別レース。準重賞に昇格してメンバーレベルも急上昇。歴代ゴールデンシャヒーン勝ち馬が2頭も今季初戦を迎えることになった。実質前哨戦のG3マハーブアルシマールまで2か月弱あることを考えると、有力馬は叩き台と考えるべきだろう。

☆昨年9月にカラ競馬場で行われたG3ルネサンスステークスはロシアンソウルが1着、ファームリーハウスが3着、バルモンマストが5着な訳だが、このレースはゴール前まで全馬一団、前も横も開かずというものだった。昨年までならこのレース組で上位盤石なのだろうが、今年からはそうもいかない。メイダンは広いコースで左回りの適性も必要になってくる。適性も重要。

◎バルモンマスト
〇クリプトンファクター
レイナルドジウィザード
△ヒッチェンス、ロシアンソウル
☆ちょっと勝負してみたいかな。メイダンならムルタからビュイック替わりも許容範囲。レイナルドが先頭に立つのを見計らって差す感じで。