『雑感』

稀に更新します。

14年金沢プリンセスカップ

 

 

先ごろ、川崎移籍を決めた「期待の2歳馬」プレイアンドリアル

岡田繁幸総帥が所有する同馬は門別デビューから圧勝を重ねて、昨日の東スポ杯2歳Sを迎えました。
レースはイスラボニータとの叩きあい。結果は2着と敗れはしましたが、走破時計的にも上々の内容ですね。
デュダンダル産駒の母父ティンバーカントリー。ケイティーズ牝系という事で短距離っぽい感じ。
それでも、しぶとく良い末脚を使っていました。朝日杯を制すれば、英ダービー挑戦が見えてくるかも。
東スポ杯を勝ったイスラボニータも単なる早熟馬では無さそう。来年春が楽しみな逸材です。

 

 

金沢競馬場は、雨の影響を受けた不良~重馬場を想定。引き続き「基礎SP」を重要視します。
下級条件は「逃げ&先行」有利。上級条件は「地力勝負」有利。早目の捲り差しは難易度が高い印象。
差し馬は「イン突き」「内⇒外の切り替え」を注視したい。上がり性能+持続力を見極めたいところですね。

メイン競走は、2歳牝馬重賞の金沢プリンセスカップ。一頭を除いて、かなりの混戦模様に感じます。
そもそも「荒れやすい」競走ですよね。昨年は厳しい展開から前崩れ。小波乱となりました。

 

 

金沢プリンセスカップ
◎スイートラブコン
〇フリオグレイスー
▲フミタツアバンティ
△プリティモンスター,カガノニシキ
前列想定:イービーカリーノ,カガノニシキ,プリティモンスター
イービーは最内枠から主張したい。プリティの方がテンは速いかもしれない。これを見ながらフリオグレイスーが追走。比較的「隊列は確定しやすい」かなと。差し候補はスイートラブコンとフミタツアバンティくらい。

イグレシアス不在により、穴の開いたメンバー。ここは「地力差し」を期待出来るスイートラブコンを本命に。転入後は長く末脚を使う競馬でプリティモンスター以下を撃破。牡馬相手にも健闘しています。枠も悪くない。イービーとカガノの後方に取り付ける形が理想。上手く「漁夫の利」を狙いたいですね。

フリオグレイスーは転入後2戦で高い先行力を見せている。位置取り失敗さえ無ければ。フミタツアバンティは時計短縮が課題プリティモンスターとカガノニシキは共に基礎SP面で期待出来る。この辺りが相手候補。
それにしても、金田厩舎が不在だと「小粒」になりますね。対抗勢力は新生ファームくらいか…。

 

 

金沢1R:◎ヴリルボルドー
⇒転入馬を含む金田厩舎勢が優位も、ここは能険が悪くなかったヴリル産駒を本命に。

 

金沢2R:◎ビッグソレーユ
⇒メスイドールと迷った。門別からの転入3戦目、外目から先行力を生かしたい。

 

金沢6R:◎シーキングベガ
⇒恒例の短縮狙い。但し最内枠は不安。ハクサンスカイは発馬決めたら大丈夫じゃないですかね。

 

金沢8R:◎セイカアレグロ
⇒これも恒例の短縮狙い。人気でしょうけどね。相手はガンズオブナバロンから。

 

金沢10R:◎ゴールデンリーフ
⇒4着狙い。内枠ですし、やることは明白かなと。

 

先ほど配信で喋りましたが、マイルCSは「内枠とディープ産駒」で良いんじゃないですかね。ダノンシャーク金杯の要領で。トーセンラーは鞍上と馬が京都巧者。 コパノリチャードは本質的に短距離馬ではないと。
他のスプリンターズS組は苦しいかもしれませんね。後はダークシャドウも適性外。ムーアは魅力的ですが。