『雑感』

稀に更新します。

天皇賞(秋)13年 予想

 

 


天覧競馬で盛り上がったのが、ちょうど一年前という事で。今年も天皇賞(秋)を迎えます。
"浅ましいネトウヨ発言"が昨今増えている。不勉強な人間、無教養な人間ほど声は大きいものですが、いちいち対応しきれないが、本気で我が国を考える人達は絶対に無視もできない。逆に声が大きい連中は直ぐに逃げる。
左右方向に問わず、浅ましい言動や行動の根源には、思考力の欠如と感情の暴走が挙げられます。

そういえば、昔の評論文なんかを読んでいると「愛」だの「魂」だの…ロクでもない論調が飛び出てきます。
必ずしも「正しい」「正しくない」が答えではない。これは競馬においても重要だなと、僕は感じます。

 

 


天皇賞
ジャスタウェイ
エイシンフラッシュ
コディーノ
ジェンティルドンナ,トウケイヘイロー,ダノンバラード
逃げ想定:トウケイヘイロー
⇒乾いた馬場で"稍高速状態"を想定。トウケイヘイローが淡々としたペースを刻み、より持続力が問われそう。ジェンティルドンナコディーノは比較的"前目"での競馬を想定。エイシンフラッシュは後方待機か。
ジャスタウェイは元々マイル前後で鋭い末脚を使っており、スロー過ぎると脚を余すし、厳しい流れだと追走面で苦労していた。ところが、前走・毎日王冠で強気な競馬を見せる。先行出来るハーツ産駒は"本格化の象徴"ではないか。左回りの広いコースの方が持ち味を活かせるし、福永騎手なら道中の立ち回りも期待できる。

エイシンフラッシュは「人気3頭の中で一番リスクが高い」かもしれない。追走面で苦労すると、持ち味の「ギアチェンジ」を活かせない。ギリギリまで末脚を溜める&直線の進路を誤らない。この2つを名手・デムーロがクリア出来るか。
コディーノは前走より条件が好転。出負けは心配されるも、スピード,切れ味、持続力の総合力が高さい。藤澤厩舎異例の調教内容で、鞍上も大舞台に強いリスポリ騎手。スタートを決めて、内ポケットを上手く使えば。
ジェンティルドンナが「差す競馬」はまずないだろう。エイシンコディーノより前で競馬をする可能性が高い。エンジンが掛かった状態を維持するのは、非常に優れている。後はトウケイヘイローの逃げ残りなど。



 


カシオペア
スピリタス
〇アグネスワルツ
ゲシュタルト
△ダノンプログラマー、セイルラージ
⇒アグネスワルツの作るスロー展開が濃厚。早目に突き離す競馬を狙いそう。
スピリタス推したい。バテ差しタイプだが、アグネスが後続を突き離す展開なら"漁夫の利"を期待できる。ゲシュタルトも見限れない。ダノンプログラマーも上がり性能は高い。外枠なら競馬はし易いはず。

 

 

 


轟S
◎アンヴァルト
〇ニシノモレッタ
▲レオパステ
△アンネゲーム,オーラレガーレ,ミオリチャン,トーセントレジャー
⇒「今年最後の直千」は準オープン競走で締めくくり…なんとも微妙な面子が集まった。
春は強風、夏は牝馬、秋は雨。昨年は"快速"エバーローズが他馬を圧倒しましたが(本当に故障が残念)、単なる快速馬は最後崩れ易い秋の直千(上級)。オーラレガーレ,アポロノカンザシ,レモンチャン辺りが先手候補。
アンヴァルトを本命に。前走は「なぜ阪神千四?」と思ったら、勝ち馬と0秒1差の4着(恐れ入りました)。駿風Sは緩い流れを好位から、風の影響を受けて差し損ねる。少し時計が掛かる位の馬場で、最後1F差し込める馬場は合うと見た。当然、外目の枠も良い。血統的もスピード型の父に"ロベルト感"ある母系で好感持てます。

ニシノモレッタは冒険が過ぎる。とはいえ、条件は悪くない。この時期は良く走るタイキシャトル血統も好感。レオパステルはアイビス4着から人気必至も馬体が薄く、タフな条件だと勝ち切れない可能性も。
残り人気薄は手広く…上級条件での直千成績が鬼門のサクラバクシンオー産駒も、秋の良馬場なら(基礎SPや決め手に欠けても)通用する事がある。トーセントレジャーは母系も地力型だし、アンネゲームも悪くない感じ。