『雑感』

稀に更新します。

大躍進のローエングリン産駒と秋華賞 2013年 予想

 

 

今年の3歳牡馬戦線を沸かせたローエングリン産駒。種牡馬生活2年目に"大躍進"を遂げましたね。

中でも"ローエングリン×サンデーサイレンス"配合を持つ馬7頭からは6頭が勝ち上がり(内JRA4頭)、ロゴタイプ朝日杯FS皐月賞を制覇、ゴッドフリートが共同通信杯2着と朝日杯FS3着。それぞれ健闘を見せています。
"ローエン×SS"配合は現2歳馬に3頭、現1歳馬に1頭しかいませんが、今年の種付け頭数の中にも該当馬はいるでしょう。とはいえ、他の配合での成功例…とりわけ「非社台Gの繁殖馬」での成功例が欲しいところ。

初年度産駒の不振ぶりを見るに、配合難易度は高く感じます。単純に母父SS系の牝馬を付けても宜しくない。肝は"サドラー"の使い方,"ヘイロークロス"の使い方,母系の"Mill Reef"と"Bold Ruler"の使い方でしょうか。
単純に"ローエン×SS"配合は"ヘイロー4×3"ですが、2年目の躍進を見るに「+αが必要」な気はします。

ロゴタイプは上記の繋がりに加えて、サドラー≒ヌレイエフ経由の"ND5×5"を持つ。更にローエングリン自身が"Mill Reef5×3"を、祖母スターバレリーナが"Bold Ruler4×5"を持っており、ナスキロ感が非常に強いです。ゴッドフリートも牝系が凝っており、この後は望田先生にお任せしまーす。

blog.goo.ne.jp 母系が”ボールド感”あるのに"タンツー感"の強さに負けたダイワエレガンス(未勝利)がヒントっぽい。

そう考えると、ローエングリン産駒の当たりは「SS系を押さえつつ、K.U.F.U.の効いた配合」の馬っぽい。現2歳馬の血統背景を覗くと…良さそうな馬がいない。何頭か勝ち上がるとは思うんですが。では1歳は?

f:id:beggaman:20170726225627j:plain

うーん…この頭数は非サンデー系の当たりを探す余裕もない。現当歳も似たようなものでしょうね。
というわけで、来年生まれる産駒が1歳になる頃に覚えていたら再検索します。

 

一方、ローエングリン産駒のJRAダート成績が「97戦0勝」と著しくありません。
地方成績を覗くと「1079戦133勝」ですから、やはり「苦手」と見て良さそうです。サドラー系種牡馬ですが、母系の奥に"Bold Ruler"がいたり、何とも熟せそうに見えますけどね。そこで、各場毎に算出してみると…

f:id:beggaman:20170727020555j:plain

佐賀,園田,高知は割愛。東海北陸と門別の数字が良い…訳ではなく、むしろ浦和以外の南関3場の成績が悲惨。
中央ダート戦と同様に"地力が問われる"南関3場では苦戦傾向にある点は致命的と言えます。
一方で、浦和の成績は悪くない。東海北陸である程度走る点からも「高速適性」は有ると考えられます。
ちなみに割愛した3場の成績自体は悪くない(但し下級条件)ので、やはり「地力の問題」かなと。

砂被りも良くない。脚質は「先行」が殆ど。地の浅い高速条件で潰しが効く(?)程度です。
ミスプロとの相性がイマイチな点が痛いのか…この辺り「時代が悪い」のかもしれませんね。

 

 

そんな感じで。先週ゴッドフリートはOP戦で敗れましたが、古馬以降も活躍が続くかは注視したい。
ロゴタイプも距離適性がどうなるか…など、分かりませんが。

 

 

 

秋華賞
メイショウマンボ
スマートレイアー
シャトーブランシュ
デニムアンドルビー,リボントリコロール,エバーブロッサム
前列想定:セキショウ,リボントリコロール
恐らくセキショウが逃げる。リボントリコロールも典ちゃん次第。ノボリディアーナとビーナストリックも先行候補だが、京都内回りで淡々と流れる様だと差し競馬は必定。早仕掛けよりも"漁夫の利"が決まりそうです。
本命はメイショウマンボ優駿牝馬に続いて長く末脚を使いたい。ローズSの差し損ねは重要で、広いコースと最後"消耗戦気味"の差し想定を考慮すると重い印を打たざるを得ない。大外枠も揉まれない点で良い。

シャトーブランシュとエバーブロッサムも"漁夫の利"狙いで買いたい。但し、前者は良馬場で持ち味が活きない可能性。エバーブロッサムは右回りが如何か。それなら上がり馬スマートレイアーで良いのかもしれない。
夕月特別は厳しいペースを上がり性能で圧倒する。今回は最内枠が鍵となる。デニムアンドルビーは早仕掛けが持ち味なので、今回は末脚の使いどころが難しい。それならチチカス産駒のリボントリコロールに期待。

 


アイルランドT:◎サトノギャラント
スティンガー血統。北海道を通り抜けて、得意の府中に戻ってきた。スロー展開から上がり勝負で一本。
ピュアブリーゼは久々に"単騎逃げ"案件で鞍上に田辺。序盤から楽しみですね。

 


神奈川新聞杯:◎フェスティヴタロー
じゃあスピルバーグ狙えよ…という話ですが、高速府中マイルでローエングリン産駒を。
本質的には中山向きの気はしますが、ここは先手を取り易い条件。戦い易いかなと。

 

 

壬生特別:◎ヤマノレオ
外枠に入ったが、ここは比較的先手を取り易い。