『雑感』

稀に更新します。

ドレッシングのCMのお話とローズS 2013年 予想

 

 

 

今月から始まった「ピエトロドレッシング」のCMが面白いですね。

youtu.be 色とりどりのヤサイ篇。とりあえず佐々木希が可愛い。

R&B系の音楽に乗せて踊る佐々木希さんとキッズダンサー。黒うさぎのコスチュームとバレエっぽい振りが、何ともゆるくて"シュール"。コンテンポラリーダンスで良いのか…イマイチ定義付けは分かりませんけども。

ゆったりしたテンポで簡単そうに見えますが、手足の動きが複雑だったり、結構難しそうな印象です。
振り付けを担当されたのは、上野貴博さん(TAKAHIRO)。NHK大河ドラマ平清盛」の振り付けを担当された方です。自身も青墓(岐阜)で後白河法皇(即位前・雅仁親王の頃)に"踊り狂う"町人の役で出演されてましたが、実は以前マドンナの専属ダンサーも務めた事がある「世界的なダンサー」なんですよね。

上野さんはNYのアポロシアターが主催する全米コンテスト大会で、マイケル・ジャクソンを超える歴代最多の「9大会連続優勝記録」を打ち立てた、"伝統"と"前衛"を融合した独自のダンススタイルを持つ実力者。
帰国後は様々なCMや映像作品でその卓越した技を披露されている他、後進の指導にも積極的だったりします。

何と競馬界もお世話になっていて、昨年「週刊Gallop」のCMでダンスを披露されていたんですよね。

youtu.be 深夜関テレとかを見ている人なら…いないよね(笑)

競走馬になり切って踊ったという作品。黒い衣装的にダンスインザダークを意識したのでしょうか(笑)
それにしても迫力がある。何かと物議を醸す競馬関連のCMですが、こうした"変化球"も検討してみては?
少しゆるくて、少しシュールな雰囲気。競馬場に合っている気はするんですけどね。

 

 

そんな感じで、3連休開催の中日メインはローズS
雨の影響は不安ですが、それ以上に月曜が台風接近で心配だったりします。

 

 

 

関西TVローズS
デニムアンドルビー
メイショウマンボ
▲コレクターアイテム
レッドオーヴァル,シャトーブランシュ,ウインプリメーラ
前列想定:ノボリディアーナ
⇒恐らくノボリディアーナの単騎逃げ。その後にリメインサイレント,ウインプリメーラなど。淡々と流れて、中盤少し息が入っての早仕掛け勝負。道悪条件も含めて、要所での機動力と持続力(スタミナ)が問われそう。
というわけで、安心安全のデニムアンドルビー。近2走の要領で早仕掛け勝負に持ち込みたい。機動力と持続力は"世代トップ級"。血統的にも"ヌレイエフ感"があり、道悪は歓迎のはず。ネックは出遅れと追走面で手間取らないか。ディープインパクト産駒の切れ味が活きない条件なら、ほぼ馬券内は間違いないと見た。

メイショウマンボも悪くない条件。課題は休み明けと、(上記と同様)"発馬と追走面"。血統的にも悪くない。
桜花賞惨敗から休養を挟んで、コレクターアイテムを狙いたい。道悪ネックだが、阪神の持続馬場は合うかと。オークス惨敗のレッドオーヴァルも馬体重が増えているなら。道悪条件自体は大丈夫な馬。切れ味も十分。
小倉昇級組のシャトーブランシュ桜花賞以来となるウインプリメーラを連下に。前者は流れるペースで"漁夫の利"狙い。後者は血統的に楽しみな馬。好位を取り切って、上手く粘り込みたい。

 

ラジオ日本賞:◎ツクバコガネオー
⇒面白い面子。昇級後、北海道シリーズで善戦していたツクバコガネオー。得意の中山でも良い勝負を期待。
"上がり馬"のインカンテーションに、頓挫明けのベルシャザールナムラビクターが対決。メテオロロジストの逃げ方次第だが、道悪条件を考えると早目に押し上げそうな前2頭を重視。グラッツィアも道悪自体は良い。

 

オークランドRCT:◎ギャザーロージズ
セイカフォルトゥナにジョヴァンニ、ダートムーアと先行馬はそこそこ。展開次第だが、動けそうな馬を。
ギャザーロージズは道悪で走り易い馬場が逆に不安だったり。末脚は悪くないと思う。