『雑感』

稀に更新します。

13年度の門別2歳戦線状況と函館2歳S予想

 

 

今週末は函館2歳S。現2歳馬世代にとって最初の重賞。道営競馬からは2頭出走しますね。

中でも、フレッシュC,ウィナーズCを軽々と連勝したハッピースプリント。早くも期待の声が聴こえます。
門別の2歳戦は1000m戦と1200m戦が主流。1700m戦の施行回数が増えたのは、旭川と札幌の開催が無くなった最近のこと。とはいえ、(時期的にも)あまり出走頭数が揃わず、勝ち時計やレースの質もいま一つ上がらない。

今後は早期育成や門別坂路の普及により、早くから中距離を使える2歳馬も増えそうですが、一方で坂路過多の反動から1000m戦~1200m戦ばかり走る馬は気性が後々"暴発"しないか、不安がありますね。
さて、ここまでの主な1200m戦(2歳)をまとめました。フレッシュチャレンジとアタックチャレンジです。

f:id:beggaman:20170808011650j:plain

タイムランクは過去5年の2歳戦(ルーキーチャレンジ含)から、展開&雨風の影響を考慮して基準タイムを算出。これを基に(目視ですが)ペース面と馬場状態を加味しつつ判定しました。水準前後で走破した馬は多いです。

f:id:beggaman:20170808002348j:plain

ハッピースプリントは水準以上の走り(2着コスモスパークルも後ウィナーズ3着)。
後の栄冠賞馬ノットオーソリティーとジュリエットレターは「B」相当。かなり良いスピードを見せました。

f:id:beggaman:20170808011830j:plain

アタックチャレンジは基礎SP勝負になり易く、時計は出る割に淡白なレースが多い印象ですね。
この中だと「B」相当のコスモスパークルは後ウィナーズ3着。ニシケンモノノフの大差勝ちも高評価です。
1700m戦のFCを勝ったブリージーストームがウィナーズで4着に敗れており、この辺に傾向が出てくる。

今後の注目馬としては…

ハッピースプリント ウィナーズC優勝 函館2歳S

コスモスパークル  ウィナーズC3着 栄冠賞6着

モリデンボス    ウィナーズC2着 ローエングリン賞(OP)優勝

ビービーレジェンド フレッシュC完勝

ノットオーソリティ 栄冠賞優勝 社台オーナーズ所有

ジュリエットレター フレッシュC完勝 社台オーナーズ所有

サーモピレー    フレッシュC完勝 ノーザンFオーナーズ所有

ニシケンモノノフ  アタックC大差勝ち完勝

カネマサソング   サーモピレー戦のアタックC2着(時計悪くない)     

この辺りでしょうか。1000m戦組は後程まとめたいと思います。
やはり社台&ノーザン陣営が手堅いです。ここから門別⇒南関路線(川島,内田,岡林など)に転向は確実。
角川厩舎,堂山厩舎,広森厩舎,田中淳司厩舎,グランド牧場の名前も憶えておきたいところです。

 

 

 

函館2歳S
◎クリスマス
〇オールパーパス
▲マイネディアベル,ハッピースプリント※応援
△プラチナティアラ,トーセンシルエット,ウインイルソーレ
前列想定:プラチナティアラ,ビービーブレイン,クリスマス
⇒隊列予想は難しいが…新馬戦&未勝利戦の基礎SP感を見る限り、プラチナ,ビービー,クリスマス,テルミドール辺りが先行争いを想定。ファイトバックやハッピースプリントは「構える競馬」になりそうです。
☆やはり新馬戦「A」相当の走りを見せたクリスマスが中心になる。基礎SPは高いし、末脚も悪くない。回転力のある走法で早熟感あるバゴ産駒。大外枠は課題ですが、序盤の位置取りに失敗しなければ、まず勝ち負け。
⇒相手はオールパーパスとマイネディアベルを重視したい。共に「C」相当の走りを見せており、好位から良い末脚を使える。ネックも共に「内で詰まる」危険性かなと。後は"Bコース替わり"を考慮しつつ、内先行馬を。
前走の内容(時計)を鑑みるにビービーブレインやファイトバックは展開が向かないと厳しそうです。