『雑感』

稀に更新します。

7月20日 阪神&函館新馬の雑感

 

 

金曜夜のLF『AKB48オールナイトニッポン』で、篠田麻里子がAKB卒業前最後の挨拶を行った。

そういう時期なのかと。AKB48を知ったのはTFM『COUNTDOWN JAPAN』のアシスタント時代だが、小嶋陽菜大島麻衣と異なり二列目メンバーだった彼女は、2thシングル『スカートひらり』で数秒映る美人という印象が強い。その後は前田敦子の台頭、チームK、チームBの誕生と共に頭角を表すわけだ。

歌唱力は皆無だが、ダンスとトークのスキルは高い。その真骨頂が第2回じゃんけん大会だろう。若手をフックアップする姿勢も好感を持てて、特に次世代のエース・松井珠理奈に対する影響は大きい。
その一方で、篠田自身は芸能活動の幅を広がられるのか。ビジネス方面に転身する可能性は高いが…

初期AKB「神7」は完成度が尋常じゃなく、それ故に卒業後の活動は苦戦する傾向にありそう。
後輩たちは真逆で、AKBとしては「神7」を超えられなくても将来性を感じる。TX『マジすか学園3』で存在感を見せた川栄李奈高橋朱里入山杏奈辺りは卒業後(20代中~後半)に輝く様な気がする。

アイドル戦国時代が始まる中、初期「神7」は静かにフェードアウトするだろう。しっかり見届けたい。

 

さて、土曜の2歳新馬戦が面白そうなので予想メモを書き残しておく。
とりわけ、阪神5Rと函館5Rは来春の3歳クラシック戦線に繋がりそうだ。

 

 

阪神5R
ステファノス
〇フェルメッツァ
▲タガノゴールド
レッドアルヴィスマイネルグアテマラ

ステファノスVSレッドアルヴィス一口馬主たちの期待と不安が入り交る新馬戦。
藤原英厩舎のステファノスは(珍しい)人参×ND高額馬。4世代ぶりの入厩となる。大型のディープ産駒で緩慢な動きは「晩成型」を思わせる。但し太目感は無く、バランス良い体つき。追い切りも悪くない。
フェルメッツァが全兄(フラガラッハ)の活躍からも期待したい。良い枠を引き、武豊確保も大きい。

レッドアルヴィスも(この厩舎らしく)追い切り上々。脚部に不安あるのか、様子を見ながらになりそう。カレンブラックヒルの半弟だが、ガッチリした馬体は砂向き。力の要る最終週の中京馬場は良い。
マイネルアミークスも中間良い。コンデュイット産駒だが、鈍重さが少ない。同じく今の馬場条件で。

 

 

函館5R
グロリアストレイル
〇サトノフェラーリ
▲カアナパリビーチ
△コスモパトラ、ブラウ、ウェーブゴールド

サトノフェラーリが抜けて人気。小柄の"ディープ産駒らしい"体つき。追い切り上々。全兄が同じ条件で凡走し、新潟で勝ち上がっているが、少し毛色は異なりそう。早い時期から乗り込まれている点も良い。
グロリアストレイルを本命に。先々走るタイプっぽいが、天栄での評判は高い。気性の悪さとトモの緩さに改善見られれば、力の有る走りを見せてくれそう。追い切りは(可もなく不可もない)軽め調整だった。

カアナパリビーチの追い切りが最も良かった。脚元に不安あるが、素軽い走りをする。ここは勝ち負け。シュターツオーバーも全兄(サンカルロ)より距離持ちそう。但し気性面は言うまでも無く。
ウェーヴゴールドは菊花賞血統。この時期から?も小回り洋芝は合いそう。コスモバトラ辺りまで。

 

 

福島5R
◎ブルーストーン
〇パッシオーネラヴィ
▲アイティダイヤ
△アローズグリーム,バクダン,マイネルセレーノ

ディープ産駒のサクセスフィリアは怖い。ブルーストーン、パッシオーネラヴィ辺りが先行する想定。
そのブルーストーンから。コマンズ産駒は距離持たない印象で、少し時計の掛かる馬場が良い。最終週の福島は適条件だろう。追い切りも上々。Danehill Dancerの半妹を祖母に持つ良血。発馬を決めたい。
パッシオーネラヴィも良い調教。短距離向きの配合で、やはり先行したい。その後は一長一短に映る。

福島の新馬戦は明日のハイヤーレートが良さげ。評判良いゼンノロブロイ産駒。初戦から楽しみ。
この日は中京と函館狙いかな…福島は手広く「薄く」買いたい感じ。