『雑感』

稀に更新します。

MAKI THE MAGICさんの訃報と、13年マーキュリーCの予想。

 

 

取り急ぎ盛岡の予想を投稿しようと思っていたら、残念な訃報が流れてきました。

 

ヒップホップグループ"キエるマキュウ"のMCであるMAKI THE MAGICさんが46歳で亡くなりました。
脳内出血。本当に残念です。それ以上に突然の出来事で周りの方たちのショックが大きいことでしょう。

 

"キエるマキュウ"は日本のHIPHOPシーン初期を代表する"BUDDHA BRAND"のCQさんと、DJ活動等も行うMAKI THE MAGICさんがMC、ILLICIT TSUBOIさんがDJを務める3人組。とにかく楽曲が格好良いです。

クールなトラックとぶっ飛んだ歌詞が絶妙に合さって、最高にファンク。これぞ"日本語ラップ"という感じで…
ヒップホップ楽曲に重要な(むしろ歌詞より大事?)トラックに外れがありません。マキさんは元々日本語ラップの名曲「末期症状」等の楽曲プロデュースもされており、知的な方だという片鱗が、その中で垣間見えます。

youtu.be 深層に誘われる様なトラックと堅い韻を踏む歌詞がシンプルに格好良い。Dさんも治部さんも声が若いです。

 

元ネタの"引用"とか"繋げ方"とか…丁寧に作り込まれているのは「トーシロー」の僕でも分かります。
それでいて、歌詞が卑猥だったり、半ば事故に近い下衆さが面白くて。

youtu.be "MC士郎"との合作は元ネタが某"放課後レ〇プ映画"(笑)大好きな楽曲の一つです。

「土曜日の実験室」は日本語のラップが苦手!という人こそ、一度聞いてみて欲しい曲だったり。

ヒップホップは"サンプリング"と呼ばれる「引用」と「編集」方法で、多くの楽曲が作成されています。
現存する楽曲を「分解」して、再編集する方法(ブレークビーツ)もあります。世の中に散りばめられた様々な音や言葉(雑音・雑談含む)を取り入れる事で、ヒップホップ楽曲は完成する。その中には高度な技術を伺えます。

youtu.be 風俗情報誌に書かれていた言葉をそのまま"サンプリング"したという(笑)キエるマキュウの代表曲です。

"キエるマキュウ"の楽曲は、"サンプリング力"に長けているという評論を聴きますし、確かに頷けます。

実際マキさんは、過去SNS上で"サンプリング"に関する話をよくされていましたね。
ちなみに競馬最〇の法則の読者でもあります。思えば競馬予想も奥の深い世界。山野浩一さん、寺山修司さん、虫明亜呂無さん、山口瞳さんといった著名作家たちも競馬に関する"サンプリング力"が高かったんだなと。
いま現役最前線の予想家たちも同様です。データ,血統,ラップ,展開,サインと様々なファクターが存在し、多様な組み合わせを楽しめる。もろパクリするのではなく「引用」「編集」「分解」が予想の基本と言えます。

そんな感じで、これを機会にMAKI THE MAGICさんや"キエるマキュウ"の楽曲の面白さが伝われば良いなと。
少しでも、多くの人の心に楽曲が残ってもらえたら良いなと感じます。

 

 

 

マーキュリーC
ソリタリーキング
エーシンモアオバー
グランドシチー
シビルウォー,トーセンルーチェ
前列想定:エーシンモアオバー
エーシンモアオバーの単騎逃げ。スロー濃厚で、中盤息が入ると好位組の動き出し次第になりそう。
☆盛岡2000m戦は4角奥スタートで、最初の1角迄は距離が遠いです。好位を取り切りたい組は戦い易い条件。むしろ1角~向正面の緩やかな上り坂で息を入れたいし、小回り級カーブの3角から一気に下り坂となる"勝負どころ"で生じるロスは致命的。直線の坂を迎える前の"先行馬と差し馬の距離感"が着順に影響を及ぼします。

☆昨夜の雨は確実に残り、気温が高い分、乾きかけの重馬場を想定。この条件下で、エーシンが中弛みペースを作るなら"決め手勝負"は濃厚。上がり性能,機動力を道悪適性&基礎SPと共に重視したいところです。
本命は"条件ピッタリ?"のソリタリーキング。キンカメ×スカーレットレデイの良血馬。中長距離戦で持ち前の機動力を活かす競馬。上がり性能も高いですが、タフな条件は追走の時点から苦手。福永騎手替わりも楽しみ。エーシンが中弛みを作る展開は大歓迎だし、内枠も好感。輸送も大丈夫だし、人気落ちるなら美味しいところ。

☆そのエーシンモアオバーも展開一つだが、アップダウンの激しいコースは苦手かも。函館,金沢,浦和,名古屋に良績がある馬。それでも展開は向くはずだし、岩田騎手の作る"超スロー"なら上り下り坂が利点になるかも。
グランドシチーは"末脚の使いどころ"が厄介な馬。近走は追い込み一辺倒だが、少し"前受け"すれば好条件に。5走前からも基礎SPが駄目な訳ではない。"対応力の高い"津村騎手なら、器用に立ち回ってくれそう。

☆昨年覇者のシビルウォーは機動力+持続力タイプ。この面子とスロー展開なら戦い易い。ウォーエンブレム産駒お得意の"地の軽い馬場"で、自ら動いて行けるのは好感。勝ち切れるかは分からないが、確実に上位だろう。
後は良血馬トーセンルーチェ。今回は差しに構えそうだし、勝負所の動き一つかなと。地力はあるはず。

 

 

 

楽天銀行賞:◎コスモギガデイン〇マイネロア▲コスモフェイト
芝マイル戦。道悪の影響で厳しい条件のはず。加えて、乾きかけの馬場。狙いは地力血統の内枠。
この時点でコスモギガデインしかいない。近走は水沢の高速条件でスピード不足に苦しむ。芝良績は十分だし、この条件替わりと内枠は狙い目。リンカーン産駒の地力は本当にサンプル少ないのが勿体無いですね。

 

ジョッキーズチームマッチ第2戦 輝:◎マツリダガッツ〇レディージャスミン▲ソヴリン
こちらは1700m戦。騎手対抗戦で先行激化の可能性。
マツリダガッツの戸崎替わりは楽しみ。構えそうだが、先行激化するなら地力と末脚を活かした競馬が合う。