『雑感』

稀に更新します。

日本調教馬の北欧での成功と七夕賞&プロキオンS 13年予想

 

 

6月30日にクランペンボー競馬場で行われた重賞ダンスクダービー(デンマークダービー)。

youtu.be 後々見つかった映像を貼ります。

勝ったのは1番人気のクワイアミッション。内3番手を追走から直線先頭に立つと、最後は詰め寄る後続を抑えて、スウェーデン(瑞典)2000ギニーに続いての連勝。北欧の"変則2冠"を達成しました。
スウェーデン産のクワイアミッションは父エイシンダンカーク。母シアターアンティーク。母父シアトリカル。半姉にノルウェーダービーなどを制したシアトリカルアワードがいる血統です。

エイシンダンカークは米国産のミスタープロスペクター産駒。母親は愛1000ギニー馬のフォレストフラワー。平井豊光氏が購入して日本で走りましたが…通算13戦3勝。良血を買われて種牡馬入りしました。
とはいえ、条件戦止まりの馬に繁殖が集まらず、産駒デビュー前に米国ウィンチェスターファームの吉田直哉代表の手引きでスウェーデンのRavdansen牧場に(アメリカ経由で)移動。これが大成功となります。

10年の瑞2000ギニーで"Jelly Roll"が優勝。地元クラシックを制し、重賞勝ち(善戦)馬を次々と輩出。11年には、スカンディナヴィア半島の平地リーディング種牡馬に輝いています。ちなみに北欧はトロッターが盛んな地域。平地競走は根付いていないのも、日本産馬が成功する一因であったりします。

クワイアミッションに騎乗したP.A.グラバーグ騎手は、これでノルウェーダービー3勝目。1000勝以上をあげるストックホルム出身のベテラン騎手で、同馬を管理するN.ペターセン厩舎に所属しています。
ペターセン師は欧州各国で競馬経験を積み、1998年に開業。同地を代表するトレーナーです。
10年にはタイムリージャズという英国産馬でドバイ遠征を敢行しましたが、大目標のUAEダービー競走中止。現地でも、残念なニュースとして取り上げられました。

グローバル化が進む中で、日本競走馬の放出は重要と考えられます。但し、問題点は少なくない。
自国繋養馬を囲い込む"保守的な方針"は欧米にも通じます。個人馬主なんかは「国内に留めたい意識」が強い傾向にあるし、大手クラブ馬も種牡馬ビジネスを見越した会員が多い。
海外に輸出される種牡馬は「超一線級から落ちる」のが現状でしょう。それでも成功している。

衛生面の問題もある。特にアフリカ,南米などは検疫制度が厳しい(日本との取り決めがない)ですね。
重要なのは、選択肢を増やすこと。長期的な目で利益を得る仕組みを考えていく事も重要な気がします。

 

七夕賞:◎ダコール〇マックスドリーム▲マイネルラクリマ
⇒このレースが難しくて、基本的には"中弛み勝負"。決め手+地力勝負ですが、福島2000m戦の構造上、持久力が問われて、単調な逃げ馬は沈むし、末脚一辺倒の追い込み馬は不発に終わる。買い目が増えがちですよね。マイネルラクリマの仕掛けどころが、重要ではないかと。

追走能力と道悪に疑問があるダコール。近走も鋭い末脚を見せているが、長く末脚を使える割に詰めが甘い。内枠の分、直線外への切り替えに苦労しそうだが、乾きかけの馬場は向くはず。マックスドリームは内伝いの競馬で漁夫の利を狙う。トレイルブレイザーはトップハンデだが、相手関係は大分楽。

 

プロキオンS:◎シルクフォーチュンセイクリムズンアドマイヤロイヤル
⇒トシキャンディが逃げて、高速条件で淡々と流れる。スピード勝負からの差し競馬は必定。
シルクフォーチュンの末脚が活きる。セイクリムズンの基礎SPも良い。南部杯の様なレースを期待。