『雑感』

稀に更新します。

2013年6月30日の中央競馬重賞&金沢競馬予想

 

 

明日の中央予想は終わっていないので…印だけ。
ラジオNIKKEI賞:◎シンネン〇フラムドグロワール 難しい。小脚使えるSS系を狙いたい。
CBC賞:◎マジンプロスパーハクサンムーン これは3着争いも堅く決まりそう。
アドマイヤドバイとザッハトルテが揃って5番人気とかオッズが厳しすぎ。

 

さて。ハクサンムーンといえば、何かと金沢競馬の話題をかっさらう河崎五市氏の所有馬ですね。
五市氏が経営する(株)松下サービスセンターは、"石川県民なら一度は訪問販売に遭遇する"リフォーム業者。
とにかく押し売…地元では賛否の耐えない会社です。また、前名義の頃から会社CMも度々見かけます。

 

五市氏の名前が競馬界に登場したのは、2010年の春頃。サニングデールなどを所有していた東海の有力馬主・後藤繁樹氏(レキシントンF)が逮捕された際に、残された競走馬を一時回収した百万武夫氏(他数名)から後を引き継いでいます。これを機にレキシントンF(旧:曾田農園)の関連馬は、五市氏が多数所有する様になりました。
とはいえ、稼ぎ頭は(サニングデール,ゴーカイを輩出した)タイヘイ牧場生産のシルポートだったり。

 

現在レキシントンFの生産・繁殖馬は、チャンピオンズFに名義変更されています。
曾田農園の地盤は競走馬生産に長けており、何かしらの売却話があったのか、或いは縁故か。数々の重賞馬を手掛けた正入木場長も同陣営に加わる様なら、(中央地方問わず)今後の展開が楽しみになってきます。

チャンピオンズFの"お得意様"は荒木隆之介氏、山住勲(れい子)氏、前原敏行氏ら。
中でも、山住氏は五市氏と"同業種"。やはり"レキシントン系所有馬"を引き受けています。他に"レキシントン系所有馬"を譲り受けたと推測できるのが、京都の有力馬主である山上和良氏、ゴーカイ(タイヘイ牧場生産)の馬主である吉橋計氏、先述した三宅靖夫氏らがいます(小林秀樹氏,M.タバート氏は"購入"している様子)。

この三宅氏は、2005年まで栃木競馬の馬主だった方。それが、"5年ぶりに活動を復活"させて、タートルベイ(同馬は沢田充秋氏:龍哉パパを経由)などを一時引き取り、現在は五市氏に譲り渡しています。

f:id:beggaman:20170926002630j:plain

現在の五市氏と金田厩舎のホットラインは様々な人脈によって完成した様に感じます。
但し、三宅氏は金田厩舎に委託しておらず(吉橋計氏は二代に渡って委託)、この辺は確証ありません。
それにしても、唯一"中央時代から所有する"サミットストーンは楽しみですね。正に火曜の出走馬ですが。
 

金田一昌調教師は、御父上(金田鼎師。赤間亨師の兄弟子)の元で修業し、高崎競馬廃止後の金沢移籍初年度から70勝近くを挙げています。委託馬も高崎から懇意の馬主さんが多く見られます(井門氏,村山氏,北村氏など)。
かつては古性秀之、米倉知、沖静男(名古屋)、厩舎所属の川崎義和、端勝成らを起用していたはず。
ジャングルスマイルの頃から、社台ファーム生産馬も増えてきました。賛否ありますが、立派な厩舎です。

今日は…ここまでにしておきます。

 

金沢競馬場は良馬場を想定。それほど時計の速い馬場ではなく、基本は「内先行有利」と見ます。
前述の通り、サミットストーンがメイン競走に登場。加藤義厩舎×河崎五市氏は3頭出しになりますね。

 

 

能登空港開港10周年特別
◎ラストノート
サミットストーン
▲ナムラプラトーン
△ターンベリー
逃げ想定:サミットストーン,ターンベリー
⇒最内からターンベリーが主張しつつ、サミットストーンが逃げると見ている。この条件で将来的な重賞挑戦(JBC狙い)を考えると、わざわざ控える必要はない。後はナムラプラトーンが出方次第で主張するのかなと。

ラストノートを本命に。サミットストーンが圧倒する展開で"漁夫の利"を期待。近5走は末脚を活かせず(もう少し鞍上は創意工夫を見せて欲しい)、今回"短縮"が契機になれば。足元に不安ある一族だけに、そろそろと。

サミットストーンは、昨秋500万下と1000万下をTR「B」相当で完勝。準OPで頭打ち後、早々に移籍。初戦は後続に影をも踏ませない"7馬身差の完勝"。調子落ちも無く、万全の状態で2戦目を迎えます。問題無さそう。
逆にナムラプラトーンは半信半疑。序盤に遅れを取ると末脚の使いどころが難しい。前走の逃げ切りが「変に影響」しなければ良いなと。マーベラスキングに完勝、タートルベイと僅差の競馬は評価に値しますけどね。

 

 

5R 新馬戦:◎アキレウス
人気のアオバサクラと似た血統もより持続力勝負向き。900m戦だと基礎SP面の不安はある。後は展開次第。

 

8R ワンコイン寄席特別:◎カネコメツヨシ
不遇のザッツザプレンティ産駒だが、この面子なら鈍足は気にならない。外好位から推し切りたい。

 

11R あばれ祭特別:◎イモジョウチュウ
6連勝中のヒシアカデミーにキョウワメルシーが絡む。差し馬を狙いたくなるが、内を上手く立ち回りたい。
イモジョウチュウはスパイキュール×エルハーブの持続差し馬。内好位を狙えるし、2頭の"漁夫の利"作戦。