『雑感』

稀に更新します。

「アイドル≠アーティスト」の今更感 ~クラウンカップ13予想~

 

 

鹿野淳×柴那典の対談には落胆しました。

http://www.nexus-web.net/s_s2012/index2.php

アイドルビジネスに関する記述は面白いです。「AKBが"与党"になる事で"野党"が誕生して、昨今のアイドルブームに繋がった」という点は、自分が考えるアイドルの"コンサバ曲"と"リベラルソング"対比にも通じる所があります。アイドル音楽は十分進化と熟成をし始めており、その旗手であるハロプロの復活も近そうです。

一方で、AKB48の楽曲は既に「原点回帰」を繰り返しており、"革新"よりも"保守"を選択。
それに対して、乃木坂46は異なる曲調を提示。アイドル文化は暫く安定期に入ると予測されています。

 

ところで、鹿野氏は現在流行する"SEKAI NO OWARI"や"ONE OK ROCK"や"ゲスの極み乙女"を「エンタメを作り上げるバンド」「ファンのニーズに寄り添ったカリスマ性」と評しています。割と前から言われています。

この対談は「本当に才能がある人間は、世界市場に流通されて評価を受けている」という風な帰結をします。
トム・オデール、エド・シーランといった"UKロック界隈"。
米津玄師、tofubeetsといった若手アーティストを引き合いに「自らが表現したい音楽を引き出して、披露する場所」が"ネット上(世界中)"に移り変わっている。これをビジネスに置き換える仕事が大切」だと帰結しています。これも数年前から指摘されていますね。

この対談の前半に関しては「アイドル論を無視した」アイドル文化の批評です。その大半は「数年前にサブカル界隈で語り尽くされたお話」という。例えば『アイドル≠アーティスト』論にしても『アイドルは音楽を追及せず、ファンも音楽性を望んでいない』なる指摘にしても、周回遅れの議論且つ、結論も的外れという。

対談の終盤に至っては「アイドルの"アーティスト化"は議論されるべき」という主張。「オリジネーター」意外は"アーティスト"じゃないのか?そもそも日本の音楽が取り巻く状況に対して、自分達(批評側)は一切の責任を感じていない。誰も望んでいない「歌詞の深読み(こじつけ)」をドヤ顔でされても読者は反応に困ります。

 

ロッキング・オンの代表である編集者の渋谷陽一氏は、以前「(その媒体が)面白くなければ、自分で作った方が良い」「客を馬鹿にしてはいけない」と語っていました。彼らの論評を読み、渋谷さんは何を思うだろうか。

客を無知と侮り、取材を怠り、深読み(こじつけ)主体の記事を書くライターが祀り上げられる今日この頃です。

 

 

川崎競馬場は良馬場。基本的には「内の使い方」次第。先行馬は緩めないと苦しいですね。
そういう意味では、下級条件が荒れそう。タフなSP不足の差し馬が飛んできそう(特に他場大敗組)。
メインは3歳重賞クラウンC。転入馬が人気を背負いそうな大混戦のメンバーです。
羽田盃⇒クラウンC⇒東京ダービーTRと続く南関ウィーク。3歳戦も本番を迎えつつありますが、さて。

 

 

クラウンカップ
エスケイロード
〇キタサンオーゴン
▲スマートパンドラ
△ヴェリイブライト,ヴィクトリーケルブ,アメイジア

⇒大混戦。転入組のトーセンハクオウ、ヴィジタンディーヌ、スマートパンドラ、何れも"番手"が望ましそう。リコーハラマ辺りが押し出されるのではないか。中弛みペースの公算が高く、6枠及びアメイジアが捲る想定。
☆オリミツキネン仔で人気必至のスマートパンドラは内枠。砂被ると大変怖いのですが…大丈夫だろうか?

エスケイロードの末脚に期待。スパイキュール産駒らしい渋とさを持つ。やはり「湿った馬場の差し競馬」か「タフな条件で消耗戦」でしょう。張田騎手も掴んでいるはずで、2走前より馬場も恵まれた今回は再考する。
キタサンオーゴンは旋回癖が激しく、出負けが酷い馬。3走前の様に良い末脚は持っている。左回り替わりで、直線上手く外を向けたい。スマートパンドラは位置取り次第。素質は高いが、初左周りで砂スタートも厄介。
後は血統と末脚を見越して、ヴェリイブライト、アメイジア辺りを。ヴィクトリーケルブは正攻法だと厳しい。

 

若草特別:◎タテヤマキセキ〇ガイエスブルグ▲キョウエイロブスト△ハバナマティーニ
⇒パンタレイが復帰初戦を迎える。先ずは無事に。キョウエイロブストが距離延長で息を入れて来る。それこそパンタレイやハバナマティーニが強引に動かないと、直線再加速する形になりそう。好位で地力を発揮したい。
☆ガイエスブルグの前走は条件が悪すぎた。安定感あるが、詰めは甘い馬。また内枠の方が良い。ここは外スンナリを狙えるタテヤマキセキを。ハバナよりは前で競馬が出来るはず。ガイエスが潰した連中を拾う感じで。