『雑感』

稀に更新します。

中山GJの回顧と皐月賞2013年 予想

 


中山グランドジャンプは、ブラックステアマウンテンが完勝。お見事としか言いようがない競馬でした。

f:id:beggaman:20170720125844j:plain

序盤、ウォルシュ騎手が好位置に取り付けた段階で「しまった」と思った人は多いはず。課題の飛越面もクリア出来ており、襷コースやバンケットで後れをとる事はなかった。逆にバアゼルリバーは飛越後に減速する場面も見られて、肝心のバンケットでも差を詰められず。シゲルジュウヤクは気持ち良く逃げていましたね。

向正面~3角過ぎのハードル障害が続く勝負所で"前方を射程圏に入れた"ブラックステアマウンテン。手応えは一頭だけ違いましたね。極めつけは最後の直線。飛越の手前で細やかにステッキを入れる技術。手綱を引くなどの動作に無駄がありません。そもそも飛越時に低い騎乗フォームが崩れないんですよね…これが凄いです。

日本の障害競走は欧米の障害競走と変遷も形式も異なりますから、この辺りは仕方ないのかなとは思います。
しかし、近年の障害競走を軽視する風潮は残念だなと感じます。ばんえい競馬や草競馬も軽視されがちですね。
気軽に見に行けないのは難点ですが、長く競馬を楽しむ上でこれからの課題だなと。そう感じました。

 

 

クラシック第1冠・皐月賞当日となります。
中山競馬場は引き続き"高速良馬場"。昨年は雨の影響を受けましたが、今年は高速決着が濃厚ですね。
朝日杯,スプリングSを勝ったロゴタイプ。実力拮抗の弥生賞組。この対戦は楽しみ。

 

 

 

皐月賞
◎メイケイペガスター
エピファネイア
ロゴタイプ
コディーノ,カミノタサハラ,サトノネプチューン
前列想定:コパノリチャード,ミヤジタイガ
⇒注目の人気馬は好位~中団に付ける。コパノリチャードが淡々と逃げる。高速ハイ想定が濃厚。
☆というわけで、本命はメイケイペガスター。一瞬の末脚と機動力が素晴らしい。極めつけは2走前だろう。
課題は発馬と距離延長だが、最内枠は活かせる馬だし、上手く流れに乗れば持ち味を生きる展開を期待。

エピファネイアは前走控えに徹する競馬で苦しんだ。今の状態で淡々と流れた方が、能力を活かせそう。
ロゴタイプも流れに乗りたいが、距離が持つかどうか。コディーノも発馬と追走面が課題。機動力は高い。