『雑感』

稀に更新します。

中山グランドジャンプ 2013年 予想

 

 

エイントリー競馬場では、6日夜に「伝統の一戦グランドナショナルが行われました。

1836年に創設。[スピード][飛越][スタミナ]の三拍子が揃わなければ、完走すら叶いません。障害競走では世界最高の賞金額を誇り、芝36F(約7km)の長丁場と30か所の過酷な障害を走破するハンデキャップ競走です。
中でもビーチャーズブルック,フォイネボン,キャナルターン,バレンタインズブルック,ザチェアといった屈指の難関障害は多重事故に繋がりかねない規格。日本の障害馬が走り切るには現状難しい課題が数多くあります。

優勝したのは"11歳馬"のオーロラズアンコール。軽ハンデを活かした競馬で"波乱の決着"となりました。今年はコース及び障害の設定に事故防止の工夫を施したことで、全馬完走を達成。これは素晴らしいニュースでした。
欧米では競馬ファン以外の人たちを含めて最も知名度の高く、最も売れるレースが、グランドナショナル
障害競走に対する理解度が低い日本では、競馬ファンの間でもニュースにならない点は難しいところですね。

 

世界のジャンプ競走馬で最も注目されている牝馬が、スティーブルチェイサー(SC馬)のスプリンターサクレ。

3月に開催されるチェルトナム・フェスティバルの中の主要競走"クイーンマザーチャンピオンチェイス"では、昨年の覇者サイジングヨーロッパを突き離して、19馬身差の圧勝。SC馬史上第3位となる「192」レーティングを獲得しました。今回のGN開催(メリングチェイス)にも参戦。古豪キューカードらを相手取り完勝でした。
短距離障害界では間違いなく歴史的な名牝。その走りを是非日本でも紹介したいんですけどね…。

その他GN開催を見ると、エイントリーハードル(2.4F)ではザルカンダーとザニューワンの一騎打ち。
今や"凱旋門賞馬の弟"という枠を超え始めたザルカンダー。このまま長距離ハードル路線に進むようだと"最強ハードラー"ビッグバックスに、A.P.マッコイ騎乗アットフィッシャーズクロスと役者が揃いますね。
この勢いに日本の障害界も乗りたい…ところですが、今年の中山GJは風穴が開きそうですよ。

既にペガサスジャンプSにも出走していますが、愛馬ブラックステアマウンテンに騎乗するR.ウォルシュ騎手。A.P.マッコイ騎手と共に「世界の障害競走騎手でトップに君臨する名手」が来日しているのです。管理するマリンズ師の方針を考えると、本番での"一変"は明確。日本特有の障害レース質に対応できるか。楽しみです。


 

中山グランドジャンプ
◎ブラックステアマウンテン
バアゼルリバー
▲リキアイクロフネ
△シゲルジュウヤク,タニノハービービー,マイネルネオス
前列想定:シゲルジュウヤク,ハクサン
阪神SJを逃げ切ったシゲルジュウヤクが淡々と進めて、その後ろにハクサンが取り付ける。バアゼルリバーやブラックステアマウンテンも"前受け"を狙いそうだし、リキアイクロフネマイネルネオスは後方から。

バアゼルリバーとブラックステアマウンテンの位置取りが重要。共に基礎SP面で超一戦級には劣るが、この面子なら"前受け"を十分狙える。バンケットを通過して、外回りコースに入るところ迄で上手く押し上げたい。その後も広いコースを大回りして、ハードル障害を跳びますし、TS持続力と飛越の上手さが問われますね。

ブラックステアマウンテンを本命に。前走は明らかな"ヤラズ"。後方待機策というより、殆ど早歩きのまま飛越を確認していた。陣営も「障害を高く跳び過ぎるので修正した」というコメント。これが重要な事で、同馬は70kg近い斤量を背負いながら、タフな洋芝を走り、高いハードルを飛越していた馬。実戦確認を経て修正を行うスタイルは「欧米式」だし、この中間は矯正を行った模様。鞍上は「世界一のジャンプ騎手」R.ウォルシュ。あれだけ大敗すれば、マークがつく事はないだろうし、斤量も据え置き。その辺りも含めて期待したい。

対抗は昨年2着のバアゼルリバー。2走前からは位置取りを落としつつあるが、決め手と持続力は変わらない。今回も好位~中団を取り切る競馬が条件。バンケットを利用しつつ早目に動いて、最後詰め甘くなりそうだが、馬券内は堅いと見た。リキアイクロフネも前走良い先行力と持続力を見せた。障害の田中剛厩舎に期待したい。

シゲルジュウヤクは展開的に恵まれそう。恐らく左回り向き。初の大障害コースに関しては不透明な点が多い。熊沢騎手なら"強気の競馬"を期待出来るし、上手くレースをコントロールしたい。穴は中山コースで良い走りを見せるタニノハービービー。前走の基礎SPと上がり性能は評価できる。"漁夫の利"を狙いたい。