『雑感』

稀に更新します。

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)を読んだお話と、桜花賞2013年 予想

 

 

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)という絵本が素晴らしいです。

matome.naver.jp レイア姫も登場します!

ルーカス・フィルム公認で、昨年5月に発売後から徐々に口コミが広がりましたね。
STAR WARS」シリーズ"最大の敵"であり、人気キャラクターのダース・ヴェイダーが息子のルークと仲良く暮らしていたら…というストーリー。シングルファザーでありながら(パドメを殺した罪悪感に苛まれながら)、銀河帝国軍の将軍を務めつつ、子育てに奮闘するヴェイダーパパとやんちゃな息子ルーク。

コメディタッチで進みますが、その大半が「SW」の中で見たシーンのパロディ。
ルークの「赤ちゃんはどこから来るの?」という問いに戸惑うヴェイダー。"腕を怪我をした"ルークを介抱するヴェイダー。他にも思い返すと、ほっこりすると同時に切なくなる絵が沢山ありました。

思えば「SW」は、壮大な"親孝行"と"親心"の三部作。ほのぼのとした世界観が、実は本家と同じベクトル。
これが重要な部分だと思いますし、非常に良く出来た絵本だなと感じました。
1200円は安い位です。強くお勧めさせていただきます!

 

そんな感じで…本日は桜花賞です。

 

 

 

桜花賞
アユサン
クロフネサプライズ
▲コレクターアイテム
レッドオーヴァル,ローブティサージュ
⇒良馬場施行。高速条件で、クロフネサプライズが気持ちよく逃げそう。これをサマリーズ辺りが追走する。
淡々と逃げる展開は残り200mバテ差しの可能性を秘める。とはいえ、決め手と上がり性能だけでは良くない。

アユサンの末脚に期待。前哨戦で決め手"不発"からの本番C.デムーロ替わり。2歳時は鋭い末脚と引き換えに位置取りが後ろ過ぎた。これが先行出来た事は大きい。少し構えて7~10番手から上手く外に出したい。

クロフネサプライズは淡々と逃げる形で粘り込む。残り200mまでは先頭だろうし、後は復活の武豊に期待。コレクターアイテムは大外枠がネック。能力は最上級だが、如何せん気性が宜しくない。その辺もどうか。