『雑感』

稀に更新します。

3月17日(日)の中央&金沢競馬予想

 

 

乃木坂46の2期生メンバー募集が全国各地で始まっている様ですね。

f:id:beggaman:20170721010658j:plain

昨秋に4thシングル『制服のマネキン』が大ヒットした乃木坂46。ようやく活動が軌道に乗りましたね。AKB48の公式ライバルとして誕生した訳ですが、既にその先を見据えた体制(ポストAKB)に入ろうとしています。
以前から48Gの弱みであった"楽曲"面を強みとした乃木坂ちゃん。格式高いハロプロ勢やエイベックス勢と十分対決出来る戦力になりつつあります。そうした中で、どういう方針で2期生を獲るのか。非常に興味深いです。

 

 

さて、金沢競馬の予想を。

馬場改修の影響が出ています。下級条件だと時計が掛かり、上級条件だと時計が出る。力差が出易い状態です。
もう少し様子を見たいですが、以前の様に"競艇馬場"は発生しにくそう。大雨日もありましたが、週末で馬場は乾き切る公算が高く、先週の火曜同様(それ以上に)良馬場に近い状態を想定しておきたいです。展開重視。
また遠征馬,転入初戦,休み明け初戦,叩き2走目と各馬のプロセスを注視しながら買いたいところ。

 

 

1R:◎マイネルルビウス〇ハピネスサウンド▲グータッチ
転入初戦&吉原騎手。JRA時代は末脚一辺倒の競馬が続く。単純な着差比較からも十分勝ち負け出来るレベル。
金田厩舎2頭の取捨選択が難しい。グータッチの方が鋭い末脚を繰り出すも、ハピネスサウンドの方が状態面は良さげ。共にゲート次第となる。ヒカルオジョーは能検まずまず。血統的には「現金沢向き」な感じ。

 

2R:◎ハルトサンダー〇コスモアリーナ▲コウエイシーチャン
上位混戦。ハルトサンダーは笠松で行き脚が付いてきた。内好位から上手く立ち回れば一矢報えそう。
叩き2走目&延長のコスモアリーナも展開次第。転入組だと状態良さげなコウエイシーチャン優位とみた。

 

3R:◎トナミゴールド〇ハクサンスカイ▲ソヴェール
ここも金田厩舎の取捨選択。ハクサンスカイは(能力最上位も)行き脚付かない危険性。臨戦的には再度900m戦からの延長トナミゴールドを狙いたい。鞍がズレなければ、馬券内は堅いでしょう(笑)後はソヴェール辺り。 

 

4R:◎トウショウトラベル〇メジャーディーバ▲エンジェルヴォイス
みんな大好き(?)フォーティナイナーズサン産駒。冬を経ての地力強化に期待。外枠でも極端に嫌わない。
メジャーディーバは重賞好走馬相手にも基礎SPが通用している。エンジェルヴォイスも同様。共に人気通り。

 

5R:◎ジェラテリア〇インヴェストメント▲ハクサンフォレスト
インヴェストメントとハクサンフォレストの取捨選択。共に後方からの可能性は否定できない。
ジェラテリアはやや外枠過ぎる気もするが、笠松遠征時に先行出来ていた。ヤマカツメビウスとの兼ね合い。

 

6R:◎トップランナー〇ローレルハイウェイ▲エイダイクリス
降級&遠征帰りの最内枠に。末脚は悪くないので、一生懸命な堀場騎手の立ち回りに期待する。
ローレルハイウェイが人気なんでしょうけど、休み明けで行き脚付けば良いですけどね。

 

7R:◎コーラストウショウ〇カネコメツヨシ▲メイショウダンジリ
外目から長く末脚を使える先行馬。ここは人気馬が強そう。差し馬の"漁夫の利"に期待する。
とはいえ、カネコメツヨシは微妙。メイショウダンジリと転入初戦のゴートゥザスタートは鞍上が割り引き。

 

8R:◎サクライーグル〇チュウキチ▲シゲカツパワー
このレースは人気が割れそう。サクライーグルは高知を経てからの金沢転入。内枠を上手く生かしたい。
ブルーセブンと良血馬チュウキチの兼ね合い。シゲカツパワーの粘り込みも気になる。

 

 

9R:すみれ賞(東海北陸地区騎手選抜):◎チェリーソング〇カズノメジャー▲ダイヤイーグル
外枠に入った名古屋騎手たちの出方次第で、厳しい展開を期待出来る。狙いは"差し競馬"なんだが。
チェリーソングの上がり性能と"漁夫の利作戦"に期待。外枠も現在の馬場ならむしろ好材料か。
カズノメジャーは内々を上手く立ち回りたい。ダイヤイーグルとサクラグランクリュは展開一つだろう。

 

 

10R:◎エクストラナンバー〇サカイチハナミズキミカワノウインド
難しいメンバー。それでも外枠勢が張り切らなければ、先行馬が「自分の展開」に持ち運べ易そう。
スパイキュール産駒と迷った。先行力あるエクストラナンバーに期待。乾き切った馬場は心配ですけどね。

 

 

11R ゆきやなぎ賞(東海北陸~):◎ラッキーゾーン〇ジョウテングレイス▲ギフデットスマイル
ここも外枠に好調の先行馬が揃った。シンカンイチコの騎手が何か企んでいそう。
鋭い末脚を使える金田厩舎の2頭だが、共に後方流れ込みの危険性。それならば、素直にジョウテングレイスから。福山遠征時を含めて8連勝中。基礎SPは最上位だし、競られても競り潰せる馬。吉井騎手がどうか。

 

 

12R:おいで祭り特別
◎アルドラ
〇タートルベイ
▲トウショウジオン
マーベラスキング
⇒今年最初のA1級競走。多くの有力馬が今期の地元初戦を迎える。アルドラ藤田により、マーベラスキング平瀬という配置に(今年の馬場だとマーベラスは道悪欲しい)。タートルベイが先手を奪うと見ているが。
アルドラが何処まで通用するか。前走遠征続きの末で見せ場を作れずも、秋期の戦いぶりは良かった。状態面を見たいが、内々を上手く立ち回って欲しい。相手筆頭はタートルベイ。ここは実力最上位でしょう。
トウショウジオンも先行力は安定している。外枠に入ったマーベラスキングとサクラルモンドは苦しいか。

 

 

以下、おまけ。 

スプリングS:◎アドマイヤオウジャ〇ロゴタイプ▲ヘルデンテノール△サーストンニュース
阪神大賞典:◎ゴールドシップデスペラードトウカイトリックフォゲッタブル